FC大阪が東大阪市で陸上・朝原宣治氏らとスポーツイベントを開催!

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月08日

子どもたちは、サッカー・野球・陸上・ラグビー・ハンドボールと、さまざまな競技を体験

サッカーだけでなく、野球、陸上、ラグビー、ハンドボールにも触れられるスポーツイベントには、多くの子どもたちが参加した。

画像を見る

FC大阪の選手たちも多くの地元の子どもたちと触れ合った。

画像を見る

 JFLに所属するFC大阪は5月18日、今シーズンよりホームタウンになった東大阪市とともに、小学生低学年向けのスポーツイベントを行った。FC大阪の他、東大阪市をホームタウンとするラグビーの近鉄ライナーズや2008年北京オリンピック・陸上男子4x100mリレーの銀メダリスト朝原宣治らが講師を務めた。

 東大阪市は『スポーツを通じたまちづくり』を進めており、今回は同市と連携協定を結ぶ株式会社エスエスケイの呼びかけにより、プロ野球選手会やプロスポーツ選手などの協力を得られたことで実現。子どもたちは、サッカー・野球・陸上・ラグビー・ハンドボールと、さまざまな競技を体験した。

 今シーズン、FC大阪に新加入した及川拓哉は、「FC大阪は、元プロもいるなど、レベルが高いチームで、Jリーグを目指しています。今日はいろんなスポーツを体験してもらい、ラグビーで知られる東大阪の幅の広さを実感してもらえたと思います。僕自身、今シーズンからFC大阪でプレーしていて、東大阪で介護の仕事をしています。こうしたイベントやプレーを通して、東大阪に少しでも貢献できればと思います」と語った。

 同日、東大阪市で初めてのホームゲームが花園中央公園多目的球技広場で行なわれたが、アディショナルタイムで失点したFC大阪は、0-1で敗退。今シーズン最多の2,685人の声援に応えることはできなかったが、地域の子どもたちにとっては有意義なスポーツイベントになったはずだ。

子どもたちに熱心に指導するFC大阪の選手。

画像を見る

東大阪では「スポーツを通じた町づくり」を進めている。非常に有意義なイベントとなった。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ