S・ラモスとの“因縁ショット”がモチベーションに…サラーがリベンジに成功したCL決勝弾の舞台裏を明かす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月03日

「一度だけ見て『よし、いこう』となった」

過去の自分を振り返って試合に臨んだサラーがリベンジの舞台で躍動した。 (C) Getty Images

画像を見る

 トッテナムとのチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝を制したリバプールは、レアル・マドリーに屈した昨シーズンの雪辱を果たした。開始2分にモハメド・シソコのハンドにより得たPKで先制点をあげたモハメド・サラーも、負傷交代を強いられた1年前のリベンジに成功したかたちだ。

 昨シーズンの決勝において、サラーはマドリー主将セルヒオ・ラモスと交錯して負傷し、わずか30分ほどで夢の舞台から去らなければならなかったため、涙に暮れた。

 それからわずか1年でやってきたリベンジの舞台で、26歳のエジプト代表をたきつけたものは、一体なんだったのか――。英紙『Guardian』によると、それは1年前に負傷した際の自分の写真だったという。

 同紙の取材に対し、サラーは試合直前のロッカールームで、「去年の写真を見て、モチベーションを高めた」と語っている。

「去年は30分で負傷交代して、とてもがっかりしていた。しかも僕らは負けてしまったんだ。それは、勝利に向けて僕を鼓舞してくれた。あの写真を見たのは久しぶりだったんだ。一度だけ見て『よし、いこう』となったんだよ」
 
 そうして心理状態を整えて、大一番に臨んだサラーは、開始早々に訪れたPKのプレッシャーも苦にならなかったという。

「試合前から準備はしていたんだ。エジプトが28年ぶりのワールドカップ出場を決めた試合でも、僕は土壇場にPKを決めた。だから、今回のほうが簡単だったよ。CL決勝でPK、勇気を見せて、トロフィーを獲得……素晴らしいね」

 ファイナルという大舞台で輝く自信があったか問われると、サラーは、「すごくあった。僕らの仕事はメンタルが特に重要なんだ。試合前は自分を信じなければいけない」と返してみせた。

「僕らは試合中も自分たちを信じていた。どんなことにも理由はある。昨年の決勝で僕らが負けたのは、今年、戻ってきて、今度こそ勝つためだったのだと思う」

 だが、チームはこれで終わりではない。「最初のトロフィーがCL、スペシャルだね。これは始まりだ。来季はプレミアリーグ優勝を目指す」と、レッズの大黒柱は意気込んだ。

 ユルゲン・クロップ監督が「決勝で勝てない」との“呪い”を打ち破ったリバプールは、来シーズンこそ、悲願のリーグタイトルを手に出来るのか。その大願を成就させるためには、サラーの活躍が必要不可欠だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「決断は正しかった」リバプールの絶対的エース、サラーのキャリアを追う――チェルシーでの冷遇、転機となったイタリア移籍【現地発】
CL王者リバプールの“完全無欠CB”ファン・ダイク、今季公式戦で抜かれた回数は驚異のゼロ!
涙の戴冠を果たしたリバプールの主将ヘンダーソンが挙げた“勝利の立役者”は?
「コリアンは常に仕掛けていた」孤軍奮闘のソン・フンミンにスペイン・メディアが賛辞!【CL現地レポ】
「9番」を見切ったクロップと「エース」に固執したポチェティーノ。明暗を分けた指揮官の采配【CL現地レポ】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ