【FC東京】「彼に頼りっぱなし」ではない。見逃せない橋本拳人のアグレッシブな献身

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年06月01日

久保が思い切ってドリブルで仕掛けられるのも…

中盤でバランスを取りつつ、見事な先制弾。大分戦の橋本は申し分のない働きを見せた。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1・14]FC東京3-1大分/6月1日/味の素スタジアム
 
 3-1のスコア以上に大分を圧倒した印象だ。ピンチらしいピンチは前半4分に星雄次に至近距離からシュートを打たれた場面(GKの林彰洋がセーブ)のみで、オナイウのゴールは一瞬のスキを突かれた感が強い。
 
勝因のひとつは、立ち上がりから中盤を制圧できたことだろう。事実、久保建英が「今日はたくさんボールが来て、すごく前を向けた」と言うように、仕掛けや崩しの局面でも能動的なアクションが多く見られた。
 
 久保の2ゴールに目を奪われがちだが、中盤に落ち着きをもたらしたという点でボランチを務めた橋本拳人の働きは素晴らしかった。的確な捌きで大分のプレスを回避し、絶妙なポジショニングでセカンドボールを回収する。そのうえ、30分には室屋成のクロスにヘッドで合わせて先制点まで奪ってみせたのだから、申し分ない。
 
 本人も、大分戦での出来には手応えを掴んでいるようだった。
 
「今日は全員が良い距離感でプレーしていて、そのなかで自分の良さも攻守に渡り出せたと思います。
 
 2-0から1点を返された直後は「若干怖さがあった」(橋本)ものの、そこでも橋本のプレーにブレはなかった。事実、「そこまでピンチもなかったので、慌てないで続けていければ自分たちのペースで行けると思った」。
 
 そんな橋本らの頑張りもあって、後半のアディショナルタイムには待望の追加点が生まれる。久保のダメ押し弾を振り返って、橋本は少し笑顔を見せつつ「やっぱり、素晴らしい。彼に頼りっぱなしだなって思いますね」とコメントしていた。
 
 いやいや、と思う。確かに久保も素晴らしかったが、試合を優位に進めるうえで橋本のボールハント、前線への走り込みは見逃せないファクターだった。久保が思い切ってドリブルで仕掛けられるのも、その後方に右サイドバックの室屋成、ボランチの橋本や髙萩洋次郎、左サイドハーフの東慶悟らチームメイトのサポートがあるからで、大分戦に限れば橋本の攻守に渡る貢献度は計り知れないものがあった。
 
 決して、チームワーク抜群の今のFC東京は、決して久保に頼りっぱなしのチームではない。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ