「あなたのキャリアはアンラッキーですか?」――いじわる質問に“熱血漢”クロップはなんと答えた?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月01日

「我々はキエフから成熟した」

前日練習でクロップは、いつもと変わらないリラックスした表情を浮かべた。 (C) Getty Images

画像を見る

 51歳のドイツ人指揮官にとっては、文字通りの負けられない戦いが迫っている。

 現地時間6月1日、スペインの首都マドリードで、欧州サッカーを締めくくるチャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝が開催される。

 今シーズンのファイナルはトッテナム・ホットスパーとリバプールの顔合わせとなった、クリスチアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーを擁したマンチェスター・ユナイテッドがチェルシーを破った2007-08シーズン以来となるイングランド勢対決でもあり、注目度は高まっている。

 このファイナルにやる気をたぎらせているのが、リバプールの熱血指揮官ユルゲン・クロップその人である。

 クロップは、自身の監督キャリアで過去2度、CL決勝の舞台で指揮を執った。1度目はドルトムントを率いた2012-13シーズンにバイエルンとの同国対決、そして昨シーズンにはレアル・マドリーと対戦。しかし、いずれも敗戦し、歓喜の瞬間は訪れなかった。

 異なるリーグのクラブをCLファイナルという檜舞台に押し上げたこと自体が、クロップの監督としての素質を十分に物語っている。だが、やはりサッカー界は勝ってなんぼの世界。“3度目の正直”となる今シーズンの決勝で敗れれば、シルバーコレクターというレッテルを貼られかねない。

 そんな大きなプレッシャーを背負うクロップに、現地時間30日に開かれた前日会見で、少し意地悪な質問が飛んだ。

「必ずしもそうではないが、あなたのキャリアはアンラッキーなことに見舞われていると思いますか?」

 ビッグイヤーを手に出来ていないことを皮肉交じりに訊くジャーナリストに、「私のキャリアがアンラッキーだと思うかい?」と聞き返したクロップは笑顔を浮かべながら、こう続けた。

「チャンピオンズ・リーグは2013年と2017年に決勝へ行った。それ以外のカップ戦でも私はたぶん6回は準優勝に終わっている。きっと、あと1回でも負けたら世界記録じゃないかな? それなら本でも出そうかな(笑)。まぁ、とにかく私のキャリアは決して不運なんかじゃないよ。負けることで自分自身を敗者だと思うのなら、私に問題があるけど、そのようには思っていない。我々はトロフィーを手にするために、再びここにいる」

 そして、クロップはレアル・マドリーに敗戦を喫した昨シーズンの決勝からチームが大きく成長したことを強調した。

「昨シーズンに我々が決勝に進んだことはビッグサプライズだった。マドリーは強すぎたよ。それに、チームに一貫性がなかった。ただ、あのキエフでの敗戦から我々はより成熟した。去年よりも1歳年上になったんだ。だからこそ、(今季プレミアリーグで)97ポイントも稼げたんだ」

 果たして、クロップは自身の悲願でもあるビッグイヤーを手にし、レッズに栄冠をもたらせるのか。運命の時が迫っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ