【名古屋】松本に完封負けした原因は?ジョーの欠場とともに浮き彫りになった課題

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年05月27日

「いつも通りのことができなかった」(風間監督)

開幕から5連勝中だったホームで今季初黒星。松本の堅守を崩せなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

[J113節]名古屋0-1松本/5月26日/豊田ス
 
 開幕5連勝、そして503分の無失点とクラブ記録を更新していた今季のホームでの強さを鑑みれば、信じられないような敗戦だった。
 
 J1の13節で、松本を本拠地・豊田スタジアムに迎えた名古屋は0-1の完封負け。16分にカウンターから失点すると、最後まで相手の堅守を崩せず。前日に首位のFC東京が今季初黒星を喫し、勝点6差を詰められる絶好機だっただけに、痛恨の敗戦と言える。
 
 気温31℃、ルヴァンカップとの連戦で疲労もあったのだろう。ただ「それは言い訳にはできない」という吉田豊の言葉には頷ける。影響があったとすれば、水曜日のルヴァンカップ・神戸戦で右足首を負傷したジョーの欠場だろう。名古屋の攻撃に対応した松本のDF橋内優也は「相手チームのことなので何とも言えないですが」と前置きしながら、名古屋の攻撃に少々、違和感を持ったという。
 
「後半に一回あったんですが、シミッチ選手が(長谷川)アーリア(ジャスール)選手にバイタルに斜めに入れて、3人目の動きで危ないシーンを作られたんです。もしかしたら、ゴール前にジョー選手がいると、迷いなくああいうパスを入れてくるのかもしれないです。実際に(ジョーのいる名古屋と)試合をしたことがないので分からないですが、不在だった影響はあったのかなと。
 
 全体的にボールの回しも中央を使ってくるよりも、外に外にという、自分たちのゾーンの外、コの字を描いたような形でした。厳しい部分はありましたが、サイドを剥がされても中に大きい選手がいなかったですし、中央を突破するにしてもドシっとポストプレーをできる選手もいませんでした」
 
 エースの不在は名古屋にとっては痛かったはず。もっともそれだけを敗因とすることもでない。現に風間八宏監督も「いつも通りのことができなかった」と指摘し、「狭いスペースに逃げてしまった。また前線の選手は受けることができなかった。それはDFと同じ動きをしてしまったから。一番はそこのところで、(ハーフタイムに)いつも通りやろうという話をした」と振り返る。

【名古屋 0-1 松本 PHOTO】松本がアウェーで2位の名古屋を撃破

【田中隼磨 PHOTO】400試合出場を勝利で飾る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ