川崎と名古屋の一戦を彩った“元セレソン対決”!L・ダミアンとジョーが貫録のプレーで競演

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年05月18日

L・ダミアンは強烈なシュートでネットを揺らす

試合後に健闘を称え合ったジョーとL・ダミアン(9番)。ともに存在感を見せた。写真:茂木晃あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J112節]川崎1-1名古屋/5月17日/等々力
 
 1-1のドローで決着した川崎と名古屋の一戦では、元ブラジル代表FWのレアンドロ・ダミアンとジョーの対戦が実現した。
 
 この日、ベンチスタートだった川崎のL・ダミアンは1点ビハインドの55分にピッチに登場。すると69分にはGKチョン・ソンリョンからのロングボールを頭で味方につなぎ、そのリターンを受けると、右足を一閃。名古屋の名手ランゲラックのニアサイドを抜く強烈なシュートでネットを揺らした。
 
 終盤には右足の太ももあたりを負傷し、チームは交代カードをすべて切っていたこともあり、足を引きずりながらプレー。勝利への強い意志を体現し、試合後には「ダイジョウブ。痛いですけと、よくある打撲で膝が曲がらない状況ですが、重症ではなさそうです」と説明した。
 
 一方、スタメン出場した名古屋のジョーは、前半の終了間際にCB丸山祐市のロングフィードをヘッドでつなぎ、マテウスの先制点をアシスト。その後はチャンスを迎えながらゴールを奪うことはできなかったが、「良い試合ができました。似ているスタイル同士の対戦のなかで難しさはありましたが、アウェーでの勝点1は悪くありません」と語り、自身も存在感を見せた。
 
 ふたりは2011年シーズンにブラジルのインテルナシオナルに所属。プライベートでも仲が良いと話し、ジョーは「彼(L・ダミアン)はインテル(ナシオナル)の時も一緒にやりましたし、良い友人です。僕は彼のことを応援しているので、ゴールを決めることができて敵ではありましたが嬉しかったです。でも今後は僕らが勝利したいので、名古屋の試合ではあまり活躍してほしくないですね」と、冗談交じりにL・ダミアンの活躍を祝福。
 
 その言葉を聞いたL・ダミアンも「ジョーは仲の良い選手。これまで一緒にプレーをしてきましたし、素晴らしいプレーヤーだと分かっています。僕も彼のことを応援しています。でも優勝するのは僕たちです」と笑顔を見せた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ