欧州トップ15クラブの最新スタイル【バイエルン】駆け込み入団のシャビ・アロンソが中枢に

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年10月21日

目まぐるしくポジションを入れ替えて的を絞らせない。

 主力に故障離脱者が多く、開幕からベストメンバーが組めない状態が続く。そんな状況下、チーム戦術の中枢を担っているのが、8月下旬に駆け込みで入団したシャビ・アロンソだ。瞬く間に順応したどころか、すべての攻撃がこの新司令塔を経由すると言っても過言ではなく、その存在感は絶大だ。守備での貢献度も高く、早くもグアルディオラ監督の信頼をがっちり掴んでいる。
 
 ブンデスリーガとCLを合わせた9試合はすべて異なる布陣で、システムも選手のポジションも流動的だ。新機軸の3バックの採用頻度は高く、試合開始当初は4バックでも選手がその場の判断で3バックに切り替えたりする。
 
 こうした柔軟な対応は中盤から前でも見られ、選手が目まぐるしくポジションを入れ替えて敵に的を絞らせない。CBとボランチ、そして従来の左SBをハイレベルにこなすアラバに象徴される、各自の戦術理解力の高さが成せる業だろう。まだ本領発揮に至らないCFレバンドフスキが完全にフィットし、さらに怪我人が戻った時にどんなチームになるか。期待感が高まる。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2014.11.6号より)

守備での貢献度も高いシャビ・アロンソが早くも攻守の柱に。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ