【鹿島】1点目と2点目で異なるゴールパフォ。伊藤翔が明かすその真意とは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年05月22日

やることがなかったんでしょうね、もう(笑)

途中出場からわずか7分間で電光石火の2ゴール。2点目を決めた後、伊藤はピッチに寝転んで喜びを表現した。写真:滝川敏之

画像を見る

[ACL第6節]鹿島2-1山東魯能/5月22日/カシマ
 
 圧巻の決定力、勝負強さだった。
 
 この日、ベンチスタートだった伊藤翔は、1点ビハインドで迎えた63分に途中出場する。その5分後には、CKの流れからこぼれ球を押し込んで試合を振り出しに戻すと、さらにその2分後には、レオ・シルバのお膳立てから右足アウトサイドで巧みに流し込んだ。
 
 圧巻の2ゴール。これぞ点取り屋という仕事を全うした。
 
 1点目のあとは、いつものジャンプしながらのガッツポーズを力強く決めた。2点目は、ピッチに寝転んで喜びを表現。異なるゴールパフォーマンスにはどんな狙いがあったのか。
 
「1点目から2点目の間、時間が全然空いてなかったじゃないですか。だから……やることがなかったんでしょうね、もう(笑)。やることがないなって思って、とりあえず滑り込んでおこう、みたいな(笑)。そんな感じです」
 
 電光石火の2ゴールで鮮やかな逆転勝利とラウンド16進出を手繰り寄せた。「まあ、なんにせよ、チームが勝てたのが一番良かった」と、殊勲のヒーローは安堵の表情を見せた。

 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
 
【関連記事】
【ACL採点&寸評】鹿島2-1山東魯能|伊藤が圧巻の2ゴール! 2ボランチも躍動!!
鹿島、執念の逆転勝利でグループ自力突破!途中出場の伊藤が2ゴールの大仕事、決勝T1回戦は広島との日本勢対決に
【鹿島】「それはすごく感じる」6戦7発の伊藤翔が明かすゴール量産の舞台裏
【鹿島】「まさにIt’s 翔TIME!」海外メディアがACLで2ゴールの”ブリリアント”伊藤翔を賞賛!
【鹿島】気心知れたベストパートナー。内田篤人と伊藤翔の想いはシンクロする

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ