【ACL速報】浦和、2点先行で決勝T進出へ大きく前進‼ 長澤&武藤弾で北京を突き放して後半へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月21日

柏木が負傷退場、形勢不利の中で生まれた先制点

武藤が2点目を奪う。浦和が2点をリードして前半を折り返した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月21日、グループステージ最終節を各地で開催。埼玉スタジアム2002では、浦和レッズ対北京国安の一戦が19時キックオフで行なわれている。

 試合は序盤、浦和にいきなりのアクシデント。10分過ぎ、開始直後に相手選手と接触プレーがあった柏木陽介がプレー続行不可能に。結局、13分に長澤和輝と交代することとなった。試合はその後、一進一退の攻防を見せるものの、徐々にアウェーの北京国安がペースを握る。浦和は自陣に押し込まれ、反撃の糸口をなかなかつかめない。

 しかし浦和は、30分過ぎ、興梠慎三の決定的なシュートで勢いを得ると、34分には柏木に代わって投入された長澤が相手の隙を逃さず、ミドルシュートを叩き込んでゴールネットを揺らす。形勢不利に見えた浦和が先制した。

 さらに浦和は41分、長澤のお膳立てから武藤雄樹が押し込み、2点目をゲット。勝てば、文句なしに決勝トーナメント進出が決まる浦和にとっては、大きな追加点となった。
 前半は2対0で浦和がリードして終了した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ