天国か地獄か…ACL、運命のGS最終戦!浦和が決勝T進出を懸けて「10連勝中」中国最強の北京国安と大一番

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始

2019年05月21日

スコアレスドローで突破決定も「引き分けを狙って試合に臨むことはない」と指揮官

浦和がグループステージ突破を懸けて北京中赫国安と対戦。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACLグループステージ6節] 浦和 – 北京国安/2019年5月21日(火)19:00/埼スタ
 
 勝てば決勝トーナメント進出、負ければグループステージ敗退――まさに天国か地獄か、の大一番。浦和がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、グループステージ最終節で北京国安とのホームゲームに臨む。


 グループGの状況を整理しよう。
 
 5節終了時点で、1位の全北現代モータース(Kリーグ)は4勝1敗の勝点12で1位突破を決めている。2位の浦和、3位の北京国安は2勝1分2敗の勝点7で並ぶ。得失点差は、浦和が6得点・4失点で+2、北京国安が6得点・5失点で+1。最終節を終えて勝点が並んだ場合、当該チーム同士の成績が優先される。続いて、得失点差、得点数となる。
 
 北京での2節は浦和がシュート0本(ACL発表)に抑え込まれながら0-0に持ち込んだ。浦和のグループステージ突破の条件は「スコアレスドロー」か「勝利」。1点以上で引き分けた場合、浦和の敗退、北京国安の決勝トーナメント進出となる。
 
 北京国安は現在中国リーグ、10戦全勝で首位である。
 
 オズワルド・オリヴェイラ監督は「引き分けを狙って試合に臨むことはない。いいプレーのみならず『闘い』の部分も必要。北京国安の強度は非常に高い。勝利のためベストを尽くす」と強調した。
 
 また、興梠慎三は「(北京国安は)後方からパスをしっかり回して打開するチームなので、前からプレスをかけて奪うのが理想。ただ相手の前線に3人の外国籍選手がいて、いずれもひとりで打開できる。その3人がボールを持った時、素早くプレスをかける必要がある。何よりハードワークが必要になる」と、状況に応じて、プレッシングとリトリートを使い分ける重要性を強調した。
 
 そして興梠は「明日の試合は、負けが絶対に許されない。一人ひとりがハードワークして気持ちを前面に出して戦わないといけない。何より球際で絶対に負けてはいけない。明日は必ず勝ちます」と、球際の勝負の重要性を説いた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月1日発売
    夏の恒例企画が登場!
    2019-2020シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ