【ACL展望】川崎×シドニーFC|勝つしかない運命の最終戦!川崎は決勝T進出へ奇跡を起こせるか

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2019年05月21日

今季のACLで初のアウェーでの勝利を目指す

故障者/奈良、家長、小林
出場停止/なし

画像を見る

ACLグループステージ6節
シドニーFC - 川崎フロンターレ
5月21日(火)/19:00(日本時間)/ジュビリースタジアム
 
川崎フロンターレ
ACL成績(5節終了時):3位 勝点5 1勝2分2敗 5得点・6失点
 
【最新チーム事情】
●週末の名古屋とのリーグ戦は1-1のドローも、ハイレベルな攻防に選手たちの意識も高まった模様。
●名古屋戦で足を痛めたL・ダミアンは遠征メンバーへ。
●川崎が勝ち、蔚山現代と対戦する上海上港が引き分け以下に終われば、決勝トーナメントへ進出できる。

【担当記者の視点】
 第5戦のホームでの上海上港戦を引き分け、川崎は3位のまま。自力突破の可能性が消滅した。最終戦で決勝トーナメント進出を決めるには、シドニーFCに勝つとともに、上海で行なわれる2位の上海上港と1位の蔚山現代の一戦で、上海上港が引き分け以下に終わらなくてはいけない。
 
 もっとも蔚山現代はすでにグループリーグ突破を決めており、さらに上海上港はホームゲーム。一方、川崎はアウェーでの一戦とあって厳しい状況となっている。
 
 ただし選手たちは置かれた立場を理解しつつ、それでも逆転での決勝トーナメント進出への想いを強める。
 
 FW知念は負傷者が複数いる現状を踏まえ「総力戦になると思うので、しっかり自分も準備したいです。ACLは勝たないといけないですし、良い準備が必要です」と意気込んだ。
 
 振り返れば今季のACLではアウェーで未勝利。ただ、上海上港戦も蔚山現代戦も試合終了間際の失点で敗れた。内容が劣っていた訳ではないという点では、まだ希望が持てるだろう。もちろん、勝点を手にできなかった勝負弱さは気になるが、逆にそうした課題を克服するチャンスでもある。ぜひとも勝利して、可能性をつなげてもらいたい。
 
 なお、シドニーFCは国内で年間王者を決めるプレーオフファイナルのゲームを19日にパースで戦っており、中1日での試合となる。彼らはすでにACLの敗退が決まっており、そういう意味でも川崎にとっては勝たなければならない一戦といえる。

取材・文●江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ