【岩本輝雄】トリニータ快進撃のカギはオナイウの“守備ブロックを壊す”ポジショニング

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2019年05月15日

片野坂監督は、寡黙なSBだったけど…

組み立てに貢献する一方、縦にも鋭く飛び出せる。オナイウは普通のシャドーとは異なるプレースタイルで、トリニータの快進撃を支えている。写真:田中研治

画像を見る

 昇格組のトリニータの快進撃は、まだまだ続きそうだね。敵地でのベルマーレ戦は1-0の完封勝利。前半はかなり押し込まれたけど、守護神の高木を中心に粘り強いディフェンスでゴールを許さず、後半にワンチャンスをモノにして、しっかりと勝ち切ってみせた。試合運びも貫禄があったね。
 
 片野坂監督とは、ベガルタ時代に一緒にプレーしたことがあるんだ。左サイドでコンビを組んでいたけど、余計なことはしゃべらず、寡黙に、堅実に自分のプレーをこなすSBだった。でも、指揮官としての彼は試合中、すごく“激しい”よね(笑)。大きな声で選手を鼓舞するし、アクションも大きい。現役時代のイメージと全然違くて、少し驚いた(笑)。
 
 トリニータのサッカーはとにかく攻撃的で、ポゼッションだけでなく、カウンターも鋭い。とにかく見ていて楽しいよね。選手たちからは揺るぎない自信が伝わってくるし、時には余裕さえも感じられる。プレッシャーをかけられても慌てない。誤解を恐れずに言えば、昨季はJ2にいたチームとは思えないほど、みんな堂々とプレーしているよね。
 
 3-4-2-1を基本布陣に、攻撃時は4-1-4-1になって畳みかける。そこで注目してほしいのが、シャドーのオナイウだ。後ろに下がった時のパスの受け方はセンスあるし、持ち前のスピードを武器に相手の最終ラインの背後を鋭く突き、藤本と2トップ気味になってゴールを狙いに行く。ちょっと普通のシャドーとは異なるプレースタイルで、トリニータの攻撃に絶妙なアクセントをもたらしている。
 
 あの中途半端なポジショニングは、相手のボランチやCBからすれば、実にやっかいだ。捕まえづらいというか、上手くギャップを突いたり、裏にも抜け出してくるから、マークの受け渡しにも苦労しているはず。マンツーマンでついていけば、下手にスペースを空けてしまって、そこを他の選手に侵入される場合もある。守るほうからすれば、守備ブロックを“壊される”感覚だと思う。

【インタビュー未公開PHOTO】"LOVE TRINITA♡"本誌に載り切らなかったエース藤本憲明の写真が盛りだくさん!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ