グリエーズマンは1年越しでバルサへ移籍!? “親友”たちの相次ぐ退団を受けて本人に迷いが…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月14日

スアレス、メッシとの最強3トップは生まれるか?

在籍5年で数多くのタイトルをアトレティコにもたらしてきたグリエーズマンは、そのライバルであるバルセロナへと移籍するのか? 去就が注目を集めている。 (C) Getty Images

画像を見る

 アトレティコ・マドリーのエース、アントワーヌ・グリエーズマンは、今夏も忙しないオフを過ごすことになりそうだ。

 現地時間5月13日、スペインのラジオ局『Cadena SER』によれば、バルセロナがグリエーズマン獲得に動き出していると報じた。

 昨夏、バルサ移籍で揺れ動いた末に、アトレティコとの契約を2023年6月までに延長したグリエーズマン。しかし、今シーズンにチームが無冠に終わったことに加え、ディエゴ・ゴディンやリュカ・エルナンデズといった“親友”たちの退団が相次ぎ、さらに近しい関係者たちから移籍を勧められ、再び心が揺れているという。

 アトレティコと契約を延長した際に2億ユーロ(約260億円)という高額な契約解除金が設定されたグリエーズマンだが、それも今年6月1日を過ぎれば、1億2000万ユーロ(約156億円)に値下げされる契約になっており、バルサはサミュエル・ウンティティとフィリッペ・コウチーニョの売却益で捻出する算段のようだ。
 
 今月12日に行なわれた会見で、アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネは、「彼は私のチームのリーダーで、ここに残ってくれることを信じている」としながらも、「私たちは彼の身体の中にはいないし、彼がどんな考えなのかを言うのは難しい」と、いまだ本人から明確な回答を得られていないことを明らかにしている。

『Cadena SER』によれば、チームの中心選手であるグリエーズマンを失いたくないアトレティコは、今週中にも本人と会談の場を持ち、真意を問いただしたうえで、慰留に努めるとされている。

 一方、来シーズンに向け、すでにアヤックスからオランダ代表の俊英MFフレンキー・デヨングを引き抜いているバルサ。1年越しの目標でもあるグリエーズマン獲得を成功させ、ルイス・スアレス、リオネル・メッシとの最強3トップを誕生させるのか。フランス代表FWの動向から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ