「このまま無敗でリーグを終えましょう!」鮮烈決勝弾の久保建英、サポーターの煽りも100点満点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月12日

会心の決勝点は「気が付いたら入っていました」

決勝点を挙げた久保は、試合後にもチョコレートプラネットとともにスタンドを盛り上げた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ11節]FC東京1-0磐田/5月12日(日)/味スタ
 
 FC東京の久保建英が大仕事をやってのけた。
 
 ジュビロ磐田をホームに迎えたJ1リーグ11節、0-0で迎えた84分に17歳の俊英が眩い輝きを放つ。左CKから太田宏介がクロスを上げると、矢島輝一がヘッドで合わせる。これはDFにクリアされたが、こぼれ球に反応した久保がコンパクトに左足を振り抜き、コントロールしたボレーシュートを右サイドネットに突き刺したのだ。
 
 試合後のヒーローインタビューに登場した久保は、「終盤まで0-0で、今日もこのまま終わってしまうのかなと思っていましたが、誰かが何とかしなければならなかったので、それが自分だったのが嬉しく思います」と喜びを表現し、ゴールシーンについては「CKのこぼれ球だと思いますが、ちょうどよいボールが来て、あとはあんまり覚えていないんですけど、気が付いたら入っていました」と振り返った。

 ゴール後には、ハーフタイムイベントで会場を盛り上げたお笑いタレント・チョコレートプラネットのギャグ「TT兄弟」を模したゴールパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。自身のパフォーマンスは、「そこまで自分の中では良くなかった」としたが、「ゴールという形でチームの勝利に貢献できたのがすべてかなと思います」と結果については手応えを得たようだ。
 
 この勝利でFC東京は11戦無敗とし、がっちりと首位をキープ。勝利の立役者は、「このまま無敗で、いつまでもいつまでも無敗でリーグを終えられるように一丸となって頑張りましょう」とサポーターに呼びかけてインタビューを締めた。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【久保建英PHOTO】会心の一撃!チームを勝利へ導くスーパーボレー弾を決めた久保の厳選PHOTO!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ