比較するのはナンセンス!? 「ドリブルデザイナー」に訊いたメッシとマラドーナの違い

カテゴリ:ワールド

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2019年05月17日

相手が動いてしまうメッシのドリブル

メッシ(左)とマラドーナ(右)。このアルゼンチンが生んだ二人の天才についてドリブルのプロフェッショナルに訊いてみた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現代スターと往年のレジェンドはどちらが優れているのか――。

 サッカーファンなら一度は考えことがあるだろう。「昔は、プレスが緩く、インテンシティーも高くなかった」、「いや、現在のディフェンダーより1対1に強かった」など、意見は様々で、答えの出ない永遠のテーマとも言える。

 とりわけ比較されがちなのが、ディエゴ・マラドーナとリオネル・メッシだ。

 ともに圧倒的なテクニックとスピードを誇るドリブラーにして、並外れたシュートセンスで得点を量産するゴールゲッター。アルゼンチン代表でエースナンバーの10番を背負い、小柄なレフティーと共通点が少なくない。

マラドーナが「神の手ゴール」や「5人抜きドリブル」を披露した1986年のメキシコ・ワールドカップで世界王者に輝いたことから“サッカー界の神”と崇められれば、メッシもバルセロナでのクラブキャリアで600ゴール以上を記録し、同じく「神」と呼ばれて称賛を集めている。

 この二人のどちらがより優れているのか。その答えを導き出すのは非常に難しい。せめてドリブルの優劣だけもつけられないものか? 答えを求めてある人物に話を訊いた。「ドリブルデザイナー」の岡部将和である。

 サッカーを始めた幼少期からドリブルの楽しさに魅了されてきた岡部は、ドリブルのみに特化してレクチャーする「ドリブルデザイナー」という新境地を開いた。「99パーセント抜けるドリブル理論」を提唱しており、日本代表の乾貴士や原口元気から、子どもたちまで幅広い層に支持されている。

 いわばドリブルのプロフェッショナルとも呼べる男に、マラドーナとメッシの最大の武器でもあるドリブルの違いを訊いた。
 
 日々、映像での研究に励んでいるという岡部にまず見てもらったのは、メッシのドリブルだ。幾多のドリブラーをレクチャーしてきた彼からしても、その動きは「異次元」だという。

「その凄さの全てを語るのは、本当に難しいですね(笑)。僕はドリブルにおいて、『距離と角度』を重要視しているんですけど、メッシはその操り方がすごく上手いと思いますね。あと、中央にポジションを取ることが多いこともあって、DFと対峙した時には、正対することがとても多いんですけど、メッシの場合は相手が先に動くんですよね。自分じゃなくて」

「相手が先に動く」とは一体どういうことなのか? 岡部はさらに驚嘆しながらこう語ってくれた。

「相手がなぜ動くかというと、パスを出されたり、抜かれる軌道を予測しちゃったり、シュートを打たれる恐さを頭に抱かせているからなんですよ。あと、ボールを持った時に縦へ行かれる圧力を感じているんだと思います。メッシは左利きなので、相手も『次こそは中に来るだろう』とかって考えるんですけど、彼は縦にもいける。とくに複雑な動きはなくてシンプルなのに相手を抜けるのは、縦と中の選択肢を常に持っているからだと思います。本当に異次元ですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ