バイエルンの“買い取り拒否”が濃厚なハメス、もはやマドリーにも居場所は…サポーターの評価は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

ジダン監督の構想外とも

ベンチを温めることが少なくないハメス。バイエルン退団が有力視されている。 C)Getty Images

画像を見る

 今夏の移籍マーケットでの去就が注目されているビッグネームのひとりが、レアル・マドリーからバイエルンにレンタル中のハメス・ロドリゲスだ。

 2017年夏に2年レンタルでハメスを獲得したバイエルンは、4200万ユーロ(約54億6000万円)で買い取るオプションを有している。完全移籍が確実と言われた時期もあった。

 だが、ニコ・コバチ監督が就任した今シーズン、ハメスは全公式戦合わせて先発出場は19試合に留まっている。バイエルンはもはや買い取らないことを決めたとの報道も後を絶たない。

 スペイン紙『As』によると、バイエルンOBの元ドイツ代表MFシュテファン・エッフェンベルクも、『t-online』で「ハメスは出ていくべきだ」との見解を示している。

「バイエルンで自分が置かれている状況を顧みれば、クラブを離れることがベストだということが分かるはずだ」

 ただ、エッフェンベルクは「マドリーで十分な出場機会を得るのは、もちろん難しいことだ」とも述べた。実際、スペイン紙『Marca』が報じたように、復任したマドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、このコロンビア代表MFを構想に含めていないとも言われている。
 
 もちろん、その才能に疑いの余地はない。Marca紙のアンケートでは、6万5000人以上のユーザーのうち、53パーセントが、ハメスをマドリーに残すべきと回答。「売却すべき」の41パーセントと、「再度レンタルで放出」の6パーセントを上回った。

 だが、来シーズンのマドリーは大型補強も予想されているだけに、ジダン監督がわざわざハメスをチームに残す可能性は低いと考えるのが現実的だろう。マドリーは、中盤の選手ではマンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバや、トッテナムのクリスティアン・エリクセンへの関心が取り沙汰されている。

 マドリーとの契約は2021年まで。7月で28歳になるハメスが、どのような決断を下すのか注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ