浦和、令和初戦は後半AT弾食らい磐田に0-1敗戦…平成ラスト弾の興梠も不発に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

後半アディショナルタイムにロドリゲスが決勝弾

磐田はロドリゲスの後半AT弾で勝利を掴んだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月3日、10節の4試合を開催。埼玉スタジアム2002では、浦和レッズ対ジュビロ磐田の一戦が行なわれ、磐田が1対0で勝利を飾った。

 試合は序盤こそ一進一退の攻防となるも、徐々にホームの浦和が主導権を握る。前半アディショナルタイムには立て続けに決定機を迎え、山中亮輔の直接FKやMFエヴェルトンのシュートが磐田ゴールを強襲。しかし、山中のFKはGKカミンスキーの好セーブに遭い、エヴェルトンのシュートも守備陣のブロックに阻止され得点には至らない。前半は0-0で終了した。

 後半も両者決め手を欠き、スコアレスで推移。浦和は63分、武藤雄樹に代えて汰木康也にスイッチ。新進気鋭のドリブラーの投入で局面の打開を図る。

 しかし、磐田もFWロドリゲスにボールを集めてチャンスを創出。73分にはロドリゲスを起点に右サイドを破り、最後は松本昌也が決定的なシュートを放つが、ここはGK西川周作が好守で凌ぐ。一方の浦和は、後半終盤に興梠がエリア内に侵入。相手のPKを誘ったかに見えたが、ここはその前のプレーで興梠がオフサイドを取られノーファウル。

 そして後半アディショナルタイムに試合が動く。磐田は、浦和の青木拓矢のミスパスを見逃さなかったロドリゲスが持ち込み、ゴールネットを揺らす。磐田が土壇場で先制。これを守り切った磐田が令和初戦をモノにした。浦和は勝点17にとどまり、17位の磐田は同9に伸ばして、試合終了時点で降格圏を脱出している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【浦和 0-1 磐田 PHOTO】ロドリゲス弾で先制し令和初戦勝利!"歓喜の瞬間"をお届け

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ