「選手のメンタリティーは変わった…」 ミラン黄金期を知るガットゥ-ゾが現役時代との違いを嘆く

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月30日

今季限りの指揮とも報じられているガットゥーゾ。その胸をよぎるのは…。(C) Getty Images

画像を見る

 4月29日のセリエA第34節で、アタランタはホームでウディネーゼに2-0で勝利し、単独4位に浮上。これにより、27日のトリノ戦を落としたミランは7位に転落。地元メディアから”危機”が騒がれている。

 試合後、幹部のレオナルド、パオロ・マルディーニ、イバン・ガジディスCEOがジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と緊急会議を行ったというミランは、29日にもクラブオフィスで“緊急サミット”が開催された。イタリア・メディアによれば、今季残りの4試合でのガットゥーゾの続投が決まったようだ。

 ただし、ガットゥーゾは、シーズン後の退任が既定路線とも報じられている。2017年11月、解任されたヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督の後を継ぎ、ユースから昇格したガットゥーゾの3シーズン目はないとの見方が濃厚だ。

 現役時代に数々のトロフィー獲得に貢献した闘将でも、ミランを復活させることはかなわないのだろうか。29日のイベントに登壇したガットゥーゾは、「ミランの救いはいつもルールを順守することだったんだが……」と口にした。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が報じている。

「以前は素晴らしいメンタリティー、素晴らしい歴史があった。そして歴史をリスペクトしていた。今はもっと大変なんだ。選手たちのメンタリティーは変わってしまった」

 例えば、ロッカールームでの過ごし方もそのひとつだという。ガットゥーゾは「以前は音楽がかかるとしても、イタリアの音楽だけがかかっていたが、今それをすれば笑われる。みんなヘッドホンをしたり、プレミアリーグやラ・リーガを見ているんだ」と説明している。

「それが彼らの習慣なんだ。すべてが変わった。昔はロッカールームで音楽なんかかけず、試合に集中していた。監督になってからも、私はそうしようと試みた。だが、みんな音楽が好きなんだ。だから私が”身を引いた”んだよ」

 現役時代にガットゥーゾを指導したカルロ・アンチェロッティ(現ナポリ監督)も、「今は20年前と比べ、指導がもっと難しくなっている。集団意識が存在しないんだ」と同調している。

 もちろん、時代が変われば指導やマネジメントも変わるものだ。だが、黄金期をつくったガットゥ-ゾやアンチェロッティの言葉を、黄金期の復活を願うミランのファンはどう受け止めるだろうか。

 来季のCL出場権を巡る4位争いは混迷を極め、勝点59の4位アタランタに続き、ローマが同58の5位、同56で6位にトリノ、7位にミランが続いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ