番記者が選ぶ、平成のヴィッセル神戸ベスト11! 三浦淳、大久保、イニエスターーファンの記憶に焼き付く名手たちを選出

カテゴリ:Jリーグ

高村美砂

2019年04月30日

監督は16年第2ステージで2位に導いたネルシーニョだ

高村氏が選出した平成の神戸ベスト11

画像を見る

【ベスト11選出理由】
 選手の入れ替わりが激しいだけに、在籍年数の長さやチームへの貢献度を重視。ファンの記憶に刻み込まれている選手を選んだ。監督は16年第2ステージで2位に導いたネルシーニョだ。
 
【ヴィッセル神戸の平成史】
 大きな転換期は、神戸市から株式会社クリムゾンフットボールクラブ(現楽天ヴィッセル神戸株式会社)に経営権が譲渡され、「新生ヴィッセル神戸」としてスタートを切った04年だろう。ただ、それ以降もクラブは監督交代を繰り返し、毎年のように残留争いに巻き込まれ、実際、二度のJ2降格を味わうなど苦難の連続だった。
 

 それでもネルシーニョ体制となった15年あたりから少しずつチーム力が安定。18年にOBの三浦淳寛氏がスポーツダイレクターに就任すると、「バルセロナ化」を掲げてクラブの大改革に乗り出した。目を引くのは17年のルーカス・ポドルスキ、昨年5月のアンドレス・イニエスタ、12月のダビド・ビジャというワールドクラスの助っ人補強だ。また今季開幕後にはバルサ育ちのMFセルジ・サンペールも獲得し、”本家”に倣ったポゼッションサッカーを確立すべく、急ピッチで体制を整えていた。
 
 ところが、その陣頭指揮を執っていたスペイン人のフアン・マヌエル・リージョ監督が、4月17日に突如辞任。吉田孝行氏が再び監督に就任した。この監督交代劇が、目標に定める「アジアナンバー1クラブ」の実現にブレーキをかけなければいいが。
 
文●高村美砂(フリーライター)
 
『サッカーダイジェスト』5月9日号(4月25日発売)では、Jリーグ厳選20クラブの平成30年史を特集。番記者が選んだ「平成ベストイレブン」のほか「平成5大ニュース」「名勝負ベスト3」などをお届け。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ