イニエスタを困惑させた超新星!川崎の生え抜きボランチ田中碧に漂うブレイクの予感

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年04月29日

“イニエスタ封じ”の役割は自ら買って出た

イニエスタに食らいつき、困惑させる。田中の働きが川崎を勝利に導いた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ9節]神戸1-2川崎/4月28日/ノエビアスタジアム神戸
 
 川崎フロンターレが4月28日、ヴィッセル神戸を2-1で下してリーグ3連勝。5節まで勝利から見放された開幕当初の低調ぶりが嘘のように調子を上げ、9節終了時点で6位に浮上した。
 
 中村憲剛、守田英正、車屋紳太郎といった主力を怪我で欠いていた神戸戦で、勝利の立役者となったのは、20歳の田中碧だった。小学3年生の時から川崎の下部組織で育った生え抜きのMFである。
 
 とりわけ素晴らしかったのは、アンドレス・イニエスタを困惑させた激しいプレッシングだ。相手の攻撃の起点でもあるこのスペイン人MFにボールが出れば、出足の鋭い寄せで距離を詰め、チャンスと見れば果敢にインターセプトを狙った。
 
「相手はイニエスタがボールを持った時に動き出すので、パスの出どころをどれだけ潰せるかは意識していました」
 

 エースの小林悠が「危険なところは分かっていた。なるべくCBには持たせて、イニエスタに持たれた時に厳しくいく、というのは、みんな意思統一していた」と言うように、川崎はチーム全体でイニエスタを警戒し、その自由を奪おうと試みた。このプランをハイレベルに実行してみせたのが、田中だったのだ。
 
 そのインパクトの大きさは、ボランチでコンビを組んだ大島僚太が「空回りせずに力を出してくれた。元々守備の能力はフロンターレの中でも高いほうです。奪い回数も多いですし、頼もしいかぎりでした」と言うほどだ。
 
 しかも田中は自ら、この“イニエスタ封じ”の役割を買って出たという。『自分がプレスにいきたい。イニエスタとやってみたい!』と言っていたことを、大島が試合後に明かしてくれた。
 
 もちろん相手はワールドクラスのテクニシャンだけに、止めるのは容易ではない。あっさりとダブルタッチでかわされた4分の対応など後手を踏むことも少なくなかった。しかし徐々にイニエスタの動きを掴んでいくと、完全にボールを奪い切るシーンも増えていった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ