「理不尽で激しい怒りは、いまならアウト」熱血漢トルシエは黄金世代をいかにして鍛え上げたのか

カテゴリ:日本代表

田村修一

2019年04月24日

そのはじまりは、チェンマイでの“出会い”

2002年日韓W杯に向け、全カテゴリーの日本代表を統括したトルシエ(右)。黄金世代との出会いはきわめて大きな分岐点となった。(C)Getty Images

画像を見る

 黄金世代にとって、フィリップ・トルシエとの出会いにはどんな意味があったのだろうか?
 
 トルシエは、大きな野心を持って日本にやって来た。彼が言う「野心に満ちたプロジェクト」とは、A代表と五輪代表をひとりで統括し、単にピッチの上だけにとどまらない、日本サッカーをより大きな枠の中で進化させることだった。それは4年後に日韓で開催されるワールドカップのグループリーグ突破のための準備であると同時に、さらにその先に続く日本サッカーの未来に向けての準備でもあった。
 
 若い世代をベースに、ユース代表から五輪代表、A代表へとチームを順次統合させて、ワールドカップを戦うチームを構築する。トルシエがこのアイデアを得たのは、1998年10月、チェンマイで行なわれたアジアユースを視察したときだった。日本代表監督に就任してからまだわずかひと月。それが黄金世代とトルシエの“出会い”だった。
 
「この世代の技術力はA代表のベテランたちをはるかに凌駕している。彼らを将来のチームの中核に据えれば、日本の可能性は大きく広がる」
 
 観客もまばらなチェンマイのスタジアムで、「椅子が硬くて1日に2試合見るのはきつい」とぼやきながら、彼は傍らのわたしに想いを熱く語った。日本サッカー協会との契約になかったユース代表監督を日本に戻ってから引き受けたのは、大きなチーム作りという「野心的なプロジェクト」のスタートであり、統合の最初のステップであった。

 
 トルシエがラボラトリー(実験室)と呼んだチーム構築のプロセスは、若い世代にとって、いや日本サッカーにとってもまったく未知の経験だった。
 
手の使い方、身体の使い方を教えるために、練習で選手に全力でぶつかる。そのボディーコンタクトの激しさもさることながら、彼らに大声で罵声を浴びせる。ときに脈絡なく怒りだす。理不尽で激しい怒りは、いまだったらアウトだろう。
 
 そんなトルシエに選手たちがさほど時間をかけずに慣れていったのは、10代後半だった彼らのほうがA代表のベテラン選手たちよりも順応性が高かったばかりではない。合理的かつ組織的なトルシエの戦術は彼らにとって理解しやすいものであり、戦術的オートマティズムもA代表に比べはるかに短時間で彼らは習得したのだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ