韓国メディアが広島の“鉄壁”を「憎たらしい3バック」と絶賛! 一方で川崎には「屈辱的だっただろう…」

カテゴリ:Jリーグ

ピッチコミュニケーションズ

2019年04月24日

「笑えなかった」結果に韓国メディアは?

小林悠のゴールで先手を取りながらも追いつかれた川崎。悔やんでも悔やみきれない結果となった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「ACLの韓日戦、蔚山も大邱も笑えなかった」

 4月23日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグでふたたび実現した“ミニ韓日戦”2試合について、韓国メディアの『ノーカットニュース』はこう報じた。

 周知の通り、グループHでは川崎フロンターレと対戦した蔚山現代が2-2のドロー。グループFのサンフレッチェ広島をホームで迎え撃った大邱FCが0-1で敗れただけに、韓国にとっては複雑なところだろう。

 ただ、蔚山現代については、「蔚山、川崎遠征で価値ある引き分け」(『ニュース1』)、「蔚山、ACLでJリーグ王者の川崎にドロー」(『中央日報』)と、敵地でJリーグ王者相手に勝点1を得たことを評価するメディアも多かった。現場で取材した『スポーツソウル』も、「蔚山、川崎遠征で2-2のドロー、価値ある勝点+H組1位」と報じている。

 試合の2日前から川崎入りし、取材を続けていたキム・ヒョンギ記者はこう見ている。

「蔚山のキム・ドフン監督は、Jリーグのクラブがホームでは特にパスサッカーで試合を支配する点を考慮して、守備と中盤を強固にして川崎の良さを消そうとした。開始8分で先制を許し危機に直面したが、そこから蔚山の底力が光ったと思う。パワーと高さ、スピードで優位に立ち、立て続けにゴールできた。2点目は川崎の立場としては屈辱的だったことだろう。後半終盤に失点を許したが、最後まで蔚山は勝点1を守り切った。川崎のシュートがゴールポストに弾かれるなど、幸運も蔚山の側にあったと思う」

 そんな蔚山現代とは対照的に、無念さが色濃く残ったのが大邱だ。

 大邱は、今シーズンから新たに使用しているスタジアム「DGB大邱銀行パーク(韓国ファンたちは略して“テパッ”と呼んでいる)」で、無敗を誇り、3月12日に行なわれたグループ2節では、中国の広州恒大を3-1で下していたが、「テパッで無敗終了の大邱、広島に0-1の憤敗」(『OSEN』)、「セシージャも沈黙、大邱、ホーム無敗が割れた」(『大邱新聞』)と肩を落とした。

 そして、その敗因として、「大邱のホームだったが…広島はやはり慟哭の壁だった」(『スポーツ朝鮮』)、「大邱が叩き続けても開くことなかった“憎たらしい”広島の3バック(『SPOTVNEWS』)など、広島の守備にフォーカスを当てた記事が数多く見られた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ