【U-20日本代表】藤本寛也の危機感。“W杯の予行演習”は「90分間、高い強度できた」

カテゴリ:日本代表

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年04月17日

アルゼンチン代表に0-1で敗戦。

全日本大学選抜との試合後、藤本はアルゼンチン戦の経験を引き合いに出した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[練習試合] U-20日本代表1-1全日本大学選抜/4月16日/千葉県内グラウンド
 
「こんなもんじゃない」と言わんばかりの危機感を募らせるのは藤本寛也だ。

 U-20日本代表の藤本は全日本大学選抜との練習試合にフル出場した。試合後、まずは1点を取り合った前半をこう振り返った。

「前半はみんな動けていて、相手も強度を高く来てくれました。そのなかで、動き出しとかポジションを取って、判断を早くして球の回転も速くできた部分もあったと思います」

 そして、スコアレスに終わった後半について藤本は、「後半は相手の強度があまり高くなかったですが、自分たちもあまり良くなかった」と、運動量が落ちた課題を述べた。
 
 藤本がそう言って危機感を持つのは理由がある。それは、U-20ワールドカップに向けた予行演習とも言える、3月の欧州遠征で対戦したU-20アルゼンチン代表戦(●0-1)の経験があるからだ。

「アルゼンチンの強度よりか、全体を通したら今日はちょっと下がります。前半はアルゼンチンと(全日本大学選抜は)同じくらいでしたけど、アルゼンチンは90分間あの強度でやってきました。ボールを取りに行っても取れないし、それでも我慢をしながらやらないといけない部分もある」

 そんなアルゼンチンは南米選手権で準優勝し、U-20ワールドカップに出場。日本とグループステージ初戦(5月23日)で対戦するエクアドルは、同選手権でアルゼンチンを下して優勝している。

 個々のポテンシャルは、日本がエクアドルより下回っている可能性はある。だが、藤本は「海外の選手は個人能力が高いですけど、日本人の良いところは団結。人数をかけてボールを取ったり攻めたりしていけば、勝てないわけではない」と本大会に向けて意気込んだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【U-20日本代表】追加招集された関川郁万のブレないスタンス「ワールドカップより…」
【U-20日本代表】全日本大学選抜と1-1のドロー。郷家を前線で起用、新システムもテスト
【U-20日本代表】横浜FCで好調の斉藤光毅、「海外経験」や「世界大会」について聞いた選手は?
【U-20日本代表】安部裕葵と郷家友太が”口を揃えて”語る世代別代表のメリットは?
U-20日本代表が実戦形式のトレーニングを実施。安部や郷家などメンバーの並びは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ