【清水】いよいよ反転攻勢へ――トンネルを抜け出せば「もっと強くなれる、もっと勝てる」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年04月15日

必要だったプラスアルファを、磐田戦が教えてくれた

静岡ダービーでライバル磐田を下し、待望の今季初勝利。主将の竹内は「もっと上に行きたいという欲しかない」と力強く語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第7節]磐田1-2清水/4月14日/エコパ
 
 ようやく、これまでの努力が報われる形となった。
 
 6節終了時で、リーグ戦“未勝利”の最下位で臨んだジュビロ磐田との静岡ダービーで、清水エスパルスは2-1のスコアで待望の今季初勝利を挙げる。鄭大世、北川航也のゴールで2点を先行し、その後、1点を返されてからは押し込まれる展開を強いられたが、チーム全員が身体を張って追加点を許さず、最後までリードを守り抜いた。
 
 内容に目を移せば、「練習でやっている形を出せた」と、ボランチでキャプテンの竹内涼は振り返る。ポゼッションを重視し、試合のペースを握る。テクニカルかつ主体的にボールを動かすサッカーは、大きな可能性を感じさせた。
 
「それは今年、開幕してからチャレンジしている部分でもある。これまでも決して悪くなかった、というより、ポゼッションして攻めるという意味では、逆に良かった」(竹内)
 
 目指すべきスタイルは表現できていた。だが、それを勝利という結果で示せず、苦しい時期が続いていた。
 
 それでも、少なからず自分たちのサッカーには手応えを感じていた。だからこそ、磐田戦では内容はもちろん、結果がついてきたことで光明を見出すことができた。
 
「今までどおりだと、勝てないのは分かっていた。内容は良いけど、結果を出せないと言われ続けて、自分たちもそう言い続けてきて。プラスアルファをしなければ勝てないと、気づいてはいました」(竹内)
 
 その必要だったプラスアルファを、この磐田戦が教えてくれた。
 
「気持ちもそうですけど、お互いに声を出し合ってコミュニケーションを取り続けること。今日の試合でも、失点した後に、どんな声掛けをするか。それと、こういう時間帯ではどんなプレーを選択すべきかとか、みんな分かり始めてきていると思う」(竹内)
 
 ひとつの勝利がもたらすものは大きい。自分たちのサッカーは間違っていなかったと改めて確認できた。どうすれば勝利に近づけるかも見えてきた。「次の試合が重要になってくる」と竹内は表情を引き締める一方で、こうも言っていた。
 
「僕らはいろんなものを背負ってやっている。ここから、という気持ちのほうが、僕は大きい。もっと強くなれる、もっと勝てる、もっと上に行きたいという欲しかない」
 
 産みの苦しみに耐えながら、やっと暗いトンネルを抜け出すことができた。“初勝利”の味を噛みしめて、さらに勢いづくだろう清水の反転攻勢に注目したい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】清水エスパルスを彩る美女チアリーダー『オレンジウェーブ』!

【磐田 1-2 清水 PHOTO】歓喜!!鄭大世&北川のFW弾で静岡ダービーを制し、今季リーグ戦初勝利!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ