試合後にファンの前で感極まる… 鄭大世が静岡ダービーを制してのリーグ戦初勝利に男泣き

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月14日

鄭大世の目に涙。宿敵を下しての今季初勝利に…

思わず涙腺が緩んだ鄭大世。男気溢れるプレーでチームを牽引する背番号9の涙には、サポーターもグッと来たはずだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7節目にして、ようやく掴んだリーグ戦初勝利に思わず涙がこぼれた。
 
 4月14日、J1・7節で清水エスパルスはジュビロ磐田と対戦。エコパスタジアムで行なわれた通算49度目の静岡ダービーは序盤から一進一退の攻防が繰り広げられ、手に汗握る接戦となった。

 互いのプライドがぶつかる一戦で、躍動したのが鄭大世だ。最前線でフィジカルの強さを見せ、相手を背負いながらもことごとくボールを収める。ゴール前でも抜群の跳躍力を生かした競り合いの強さを披露して、攻撃を牽引した。
 
 すると、36分だ。GK六反勇治が自陣からFKをゴール前に蹴り入れると、鄭大世がヘッドで落とす。北川航也がつなぐと、再び鄭大世が反応。飛び出してきた相手の守護神・カミンスキーより先に触り、ヘッドでゴールに押し込んだのだ。
 
 今季2点目は貴重な先制弾。気持ちが籠った一撃を沈めると、その後もこの35歳のストライカーは、熱いプレーでチームを引っ張る。

 直後の39分にはCKから北川の決定機を演出するも、競り合った際に左耳を裂傷。テーピングを巻いて再び出場するなど、誰よりも強い気持ちでピッチに立ち続けた。
 
 そのパフォーマンスに呼応するように、チームも試合を通じて奮戦。後半に北川が追加点を奪うなど、さらに試合を優位に進める。1分にロドリゲスに1点を返されたものの、逃げ切って今季初勝利を掴んだ。
 
 試合後、鄭大世はチームメイトとともにサポーターのもとへ。挨拶をすると、思わず涙腺が緩んで男泣き。今季はここまで開幕戦から勝利がなく、苦しい戦いを強いられてきた。鄭大世自身も多くの出場機会を得られず、控えに甘んじる試合もしばしば。そうした想いから感情が溢れ出たのだろう。
 
 宿敵を下し、今季初勝利を挙げた清水。その原動力となった鄭大世にとって、記憶に残る静岡ダービーになったのは間違いないはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【磐田 1-2 清水 PHOTO】歓喜!!鄭大世&北川のFW弾で静岡ダービーを制し、今季リーグ戦初勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ