鎌田大地、関根貴大ら日本人選手4人がスタメンのSTVV、ホームで辛勝。PO2のグループ首位を守る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月14日

遠藤、鎌田、冨安、関根が先発

左サイドで積極的にゴールを狙った関根。持ち味は発揮したが、チャンスを決めきることはできなかった。 (C) STVV

画像を見る

 現地時間4月6日、ベルギーリーグのプレーオフ2(PO2)の第4節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はホームでオーステンデと対戦。1-0で勝利した。

 プレーオフ2(PO2)は、レギュラーシーズンの7~15位と2部の3チームを加えた計12チームをA、Bのふたつのグループに分け、6チームが総当たり戦を実施。日程を終えた後、プレーオフ2Aとプレーオフ2Bの1位同士が対戦し、勝者にはヨーロッパリーグ(EL)予選の参戦権を賭けたプレーオフ1チーム(4位)との対戦権が与えられる。

 ここまで2勝1分でPO2のAグループの首位に立つSTVVは、2位のオーステンデと直接対決。3-4-1-2の2トップの一角に鎌田大地、攻撃的MFに関根貴大、中盤の底に遠藤航、そして最終ラインに冨安健洋が先発した。木下康介はベンチスタートとなっている。

 立ち上がりからボールを支配するSTVVは、左サイドから関根が積極的に仕掛ける。鎌田、遠藤も絡んで好機を創出するが、ゴールに結びつかず、主導権を握りながらももどかしい展開で前半を折り返す。

 しかし後半に入り、最終ラインの冨安さえ度々前線に飛び出し、攻勢を強めたSTVV。50分、遠藤からのパスに飛び出した関根が絶妙なループシュートでゴールネットを揺らすが、オフサイドのため、ベルギー初ゴールは幻となってしまった。

 だが57分、右CKのキッカーを務めた関根のボールを遠藤が体勢を崩しながらも折り返し、鎌田とトップでコンビを組んだママドゥ・シラがゴールに押し込み、先制点を挙げる。

 これで完全に勢いに乗ったSTVVはゴール前で何度も好機を得るが、フィニッシュに持ち込めずに追加点が奪えない。関根、鎌田は何度となく好機に絡んだが、決定機に決め切れなかった。

 試合はこのまま1-0で終了。STVVは依然としてグループAの首位を守っている。

 同日行われたPO2Aグループのベールスホット対オイペンは豊川雄太が先発出場も0-2でオイペンが敗れた。PO2Bグループのセルクル・ブルージュは、ワーズランド・ベヘレンに3-2で勝利。植田直通はフル出場している。

 次節STVVは、現地時間4月20日にアウェーでオイペンと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ