トッテナム、クラブ史上初のCL4強に前進も主砲ケインに今季絶望の恐れ…。それでもマンCを倒せるか?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月10日

ケインの離脱に識者たちの意見は?

デルフとの衝突によって大怪我を負ってしまったケイン。チームに欠かせない得点源の離脱は、トッテナムにとって言うまでもなく痛手だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月9日、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝第1レグで、トッテナムはマンチェスター・シティにホームで1-0と勝利した。欧州の舞台でもソン・フンミンが新スタジアムでの初ゲームでネットを揺らし、プレミアリーグ勢対決を制している。

 クラブ史上初のベスト4進出に向けて一歩前進となる大きな白星だが、同時にトッテナムは大きな代償も払うことにもなった。56分、相手MFファビアン・デルフとの衝突で、キャプテンにしてエースのハリー・ケインが左足首を負傷したのだ。

 プレー続行が不可能となったケインは、そのままルーカス・モウラとの交代を余儀なくされ、スタッフの手を借りてロッカールームに下がり、スタジアムを出る時には松葉杖を使用している。

 英衛星放送『Sky Sports』によると、試合後、マウリシオ・ポチェティーノ監督は、翌日の検査を待つ必要があるとしたうえで、「とても悲しく、落胆している。残りのシーズンは厳しくなる」と、ケインが今シーズン中に復帰できない恐れもあることを危惧した。

「大きな問題でないことを願うが、回復するための時間は多くない。彼は足首をひねった。これから数時間での反応を見てみよう」
 
 エースのケインが不在となれば、来週水曜日(17日)に行なわれる敵地での第2レグに向けて、大きな痛手となるのは当然だ。ただ、トッテナムでもプレーした元イングランド代表のダニー・マーフィーは、「トッテナムには自信があるはずだ」と、ケイン抜きでもシティを倒すことは可能との見解を示した。

「トッテナムには頼れるものがあり、シティを苦しめるだけのカウンターの強さがある」

 一方、元イングランド代表DFスチュアート・ピアースは、マーフィーの意見に同意したうえで、「ベストプレーヤーを失えばいつだって痛手であり、ポチェティーノのリアクションがトッテナムにとって大打撃だと示している」とコメント。そしてソン・フンミンの存在がカギを握ると予想した。

「ケインがプレーしない時は、ソンが裏に抜け出せる。彼のようにそれができる選手が必要だ」

 ケインの離脱が長期にわたれば、シティ戦のみならず、プレミアリーグで続いている来シーズンのCL出場権争いへの影響も懸念される。主砲のコンディションに関する続報が待たれるところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ