プロも注目する青森山田の“新エース”武田英寿の左足は必見!尚志・染野へのライバル心も…【高円宮杯U-18】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年04月08日

バー直撃のFKを披露

青森山田の10番を背負う武田。エースとして主将としてチームを牽引する。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高円宮杯U-18プレミアリーグ]流経大柏 0-2 青森山田/4月7日/AGFフィールド

 唯一の2年生レギュラーとして全国制覇を成し遂げてから3か月――。Jクラブも注目する青森山田の“技巧派レフティ”武田英寿がプレミアリーグ開幕戦のピッチに立った。

 冬の選手権では、檀崎竜孔(現コンサドーレ札幌)やバスケス・バイロン(現いわきFC)と2列目を組み、全5試合に先発出場。高精度の左足キックを武器に1得点・2アシストをマークし、2年ぶり2度目の戴冠に小さくない貢献を果たした。

 その檀崎からエースナンバーである「10番」を受け継いだ新チームでは、キャプテンに就任。「プレーで引っ張るのはもちろんですけど、言葉でチームを鼓舞するのが山田のキャプテン」(武田)と、ピッチ内外でチームを牽引する存在となった。

 選手権の決勝で下した(3-1)流経大柏との再戦となったこの日の開幕戦で、見せ場がやってきたのは前半18分。いい位置で獲得したFKを得意の左足で狙うも、惜しくもバーに阻まれた。

 前日、U-18代表や高校選抜のチームメイトである尚志の染野唯月が、柏レイソルU-18戦で直接FKを叩き込んでいたため、「染野が決めていたので…。悔しいです」と残念がったが、キックの質の高さを見せつけた。

 後半25分には、右サイドから抜け出し、ゴール前の後藤健太へ絶妙のパス。得点には繋がらなかったものの、決定機を演出している。ゴールには絡めなかったが、左足の技術の高さを改めて披露。リベンジを狙う流経大柏を2-0で返り討ちしたチームでプレゼンスを発揮した。

「(檀崎とは)タイプが全然違う。自分なりの10番、キャプテンというのを築けて行けたらいいと思います」

 そう力強く語った武田は、高校選抜のデュッセルドルフ遠征のため、2、3節は欠場する。大黒柱の不在は青森山田にとって痛手なのは間違いない。とはいえ、国際舞台での貴重な経験を、チームに還元してくれることだろう。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ