「ポケット」で水を得た香川真司の収穫と課題

カテゴリ:ワールド

田嶋コウスケ

2014年10月02日

「ボールを受けた時に視界がよく開けていた」

チーム2点目を決めたラモス(手前)を祝福する香川。スペースを享受して輝きを放った。 (C) Getty Images

画像を見る

 スペースを与えると、香川真司はより一層危険な存在となる。それを改めて証明するような一戦だった。
 
 チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ2節、アンデルレヒト戦。4-2-3-1のトップ下で先発した香川は、ドルトムント復帰後初となるCLでフル出場を果たし、全3得点に絡む活躍で3-0の勝利に貢献した。先制点をアシストし、2つの追加点の起点となった。
 
 試合は、高い位置でのプレッシングを持ち味とするドルトムントが押しこむ形で始まった。ホームのアンデルレヒトはアグレッシブに前方へ仕掛ける姿勢を見せつつも、ディフェンス時は自陣で守備ブロックを構築。若手主体のベルギーの名門は、この上下動を繰り返すことで攻守に厚みを持たせようとした。しかし結果として、この策によってドルトムント、そして香川の餌食になった。
 
 ドルトムントが突いたのは、アンデルレヒトが前掛かりになったそのタイミングだ。守備から攻撃への切り替えの瞬間を狙ったのだ。得意のハイプレスでアンデルレヒトの攻撃を高い位置で封じ、前傾姿勢になった相手にいわばカウンターパンチを浴びせる。その中心にいたのが、香川にほかならない。
 
 象徴的だったのが、3分の先制点の場面。中盤でボールを奪うと、押し上げたアンデルレヒトのMFとDFの間にできたスペース、すなわち「ポケット」で香川が受け、浮き球のスルーパスを出す。DFラインの背後に抜け出したFWチーロ・インモービレが、鮮やかに先制ゴールを決めた。
 
「シュートを打とうと思ったんですけど、チーロが見えて。一瞬の閃きというか、うまくパスを出せたなと思います」
 
 香川は先制点の場面を振り返りながら、こうも語っている。
 
「今日はちょっと余裕があったというか、ボールを受けた時に視界がよく開けていた。ボールの回りが良かったので、すごく手応えを感じていました」
 
 香川に「余裕があった」のは、このポケットでフリーになるシーンが多かったからだろう。アンデルレヒトは、序盤こそ守備的MFスティーブン・デフールがマンマーク気味に香川をケアしていたが、そうした対応も次第に散漫になっていった。チームとしてもボールへの寄せが甘く、香川には十分な時間とスペースが与えられた。こうなると、輝きは増す。
 
 10分にもポケットに滑り込んだ香川が、バイタルエリアからケビン・グロスクロイツにスルーパスを送ってチャンスメイク。50分にはペナルティーエリア手前からピエール=エメリク・オーバメヤンにラストパスを通して決定機を作った。いずれも、敵の寄せがほとんどない状態でパスを出している。
 
「僕たちが主導権をうまく握りながら進められたゲームだった。前半の早い段階でゴールできたので、チームとして落ち着いて試合を運べたかなと。アウェーでの先制点は、選手に大きな自信を与えてくれるので、そこが一番よかったと思います」
 
 ドルトムントの2点目は、香川が右サイドに展開したパスが起点になった。3点目も、カウンターから針に糸を通すようなスルーパスをオーバメヤンに通して生まれた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ