香川真司 ルールダービーで見えた「現在地」

カテゴリ:ワールド

田嶋コウスケ

2014年09月28日

2トップで戦った前半より攻撃の流れはスムーズに。

シャルケとのルールダービーはベンチスタート。1点を追う57分に投入された香川は積極的にボールに絡み、攻撃の流れをスムーズにしたが……。 (C) Getty Images

画像を見る

 ドルトムントは、ほぼ3日おきに試合を消化する過密日程の真っ只中。3日前のシュツットガルト戦に先発フル出場した香川真司は、通算145回目を迎えたシャルケとのルールダービーはターンオーバーでスタメンを外れた。
 
 ウォームアップをする香川に、ユルゲン・クロップ監督から声がかかったのは55分。1-2とリードされた状況でだった。
 
 準備を整えタッチライン際に立ち、指揮官と握手を交わす。熱血漢で知られるクロップ監督は、7番の肩に手を回しながら耳元で指示を出す。うつむきながら頷く香川は最後にポンと肩を叩かれ、57分、ピッチに入った。
 
 前半のドルトムントは、アイデアと厚みのない攻めを繰り返すばかりだった。後半に入ってもそれは変わらず、宿敵と戦うダービーマッチらしく球際の激しさこそあったものの、「個の力」に頼った縦に速い攻撃は単調で工夫がない。26分に奪ったゴールも、ロングボールからアドリアン・ラモスとピエール=エメリク・オーバメヤンのスピードを活かした速攻からの得点で、少なくとも2-0で完勝したアーセナル戦(9月16日のチャンピオンズ・リーグ)のような「連動性」と「迫力」はなかった。
 
 1点を追いかけるクロップ監督は、単調なアタックに変化をつける働きを香川に期待した。前線と中盤を広く動きながら2ライン間のパスワークを円滑にし、フィニッシュにも絡んでゴールをこじ開ける「切り札」として、ピッチに送り出したはずだ。
 
 結論から言えば、クロップのこの目論見は、半分は的中し、半分は外れた。
 
 香川の投入で攻撃に奥行きが生まれたのは確かだ。しかし、同点ゴールは奪えず、ドルトムントは敗れた。
 
 4-2-3-1のトップ下に入った香川は、ボールに絡もうと積極的に動いた。スペースに走り込めば手を上げてパスを求め、狭い局面ではワンタッチでシンプルに捌く。リードするシャルケが自陣に守備ブロックを作ってスペースを消すと、自陣の深い位置まで下がって起点となり、ボールを左右に散らしてリズムを生み出そうと試みる。チーロ・インモービレとラモスの2トップで戦っていた前半よりも、攻撃の流れは間違いなくスムーズになっていた。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】香川を褒めるのはコンスタントに結果を残してからでも遅くはない
香川真司は完全復活を遂げたのか――「フィジカル」的側面からパフォーマンスを解析
脇役から主役へ! 香川真司の「ドルトムント第2章」が軽やかに幕を開ける
交渉の場を唯一キャッチしたビルト紙記者が明かす 「香川真司、ドルトムント帰還の舞台裏」
【ブンデスリーガ開幕特集】『キッカー誌』記者が本音トーク 「日本人よ、インパクトを残せ!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ