【FC東京】 米本拓司インタビュー「世界を体感したい」

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2014年09月30日

「インサイドハーフはボランチ以上に臨機応変さが求められる」

二度の大怪我を乗り越え、チームにとって不可欠な存在へと成長。代表入りを期待する声も高まっている。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグ屈指のボールハンターとして名を馳せるミッドフィルダーは今シーズン、活躍の場をボランチから4-3-3のインサイドハーフに移し、ますます存在感を強めている。アギーレ監督率いる日本代表への招集の期待もいよいよ高まりを見せているなか、好調のFC東京を攻守両面で支える米本拓司に、自身のサッカー観と代表への想いを訊いた。
『週刊サッカーダイジェスト』10月7日号(9月24日発売)
 
――◆――◆――
 
――今シーズンのFC東京で任されているのは、インサイドハーフです。昨シーズンのボランチより前めのポジションになって、変化はありましたか?
「攻撃面でチャレンジしやすく、いや、チャレンジしなければいけないポジションになりました。自分が前に出て行かないとチームの攻撃は成り立たないはずなので、中途半端なプレーは許されません」
 
――今シーズンの米本選手は、動きにメリハリがあると思います。ボランチだった昨シーズンよりも無駄走りが少なくなって、しっかりと考えながらプレーしている印象です。
「相手が考えていたら、こっちも考えないとダメですよね。いわゆる駆け引きはかなり重要です。どうしたら守備がハマるか、相手をいなせるか、そういうのを頭にイメージしつつ実践するのがサッカーの醍醐味だと思います。『昨シーズンよりも』と仰いましたが、昔から長くやっていたボランチの時は感覚で動く部分がありました。でも、インサイドハーフはボランチ以上に臨機応変さが求められますね。攻撃のスイッチを入れる、プレスをかけて自らボールを奪う、あえて遅らせて味方の呼吸を整える。いろいろと変わる戦況のなかで、考えながらプレーする必要があります」
 
――9月の代表戦でアギーレ監督は4-3-3システムを使っていました。中盤3枚のパフォーマンスを、米本選手はどう観ましたか?
「僕は今の代表に入ってないので、言いにくい部分があります」
 
――そこをなんとかお願いします。
「強いて言うなら、アギーレ監督のサッカーで意識したいのは、ボールを奪ってのカウンター。でも、ウルグアイ戦ではなかなかボールを奪い切れませんでした。相手を止めてもそこからマイボールにできる回数は少なかったですよね。セカンドボールを拾われたり、ボールがラインを割ってプレーが止まったりして……。しっかりとボールを刈り獲って、テンポ良く攻撃に移る場面はほとんどありませんでした」
 
――もし米本選手が、代表のインサイドハーフに入ったら?
「僕のところでボールを奪って、という意識は持つと思います」
 
――「アンカー・森重」は、どう映りました?
「(ウルグアイ戦で)足をつるかもしれないと思っていたら、本当につりましたね(笑)。FC東京の試合では、森重選手からたくさん指示が飛んできます。『右切れ、やっぱり左、いや、右だ。そこで行け!』みたいに。それが今回の代表戦では指示される側になったので、僕の気持ちを分かってもらえたのかなと(笑)」
 
――そういう話を、森重選手本人としましたか?
「もちろん。本人曰く『足がつった瞬間に指摘されると思った』そうです。指示については、『それでも言い続けるから』と切り返されました。まあ、『僕の気持ち』が分かってもらえただけで十分です(笑)」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ