サッカー界の新トレンド!? マンCやバルサが公開して話題の「マッシュアップ・ユニホーム」って一体なに?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月27日

ファンからは賛否両論。

斬新なデザインが施されたマッシュアップユニホーム。そのなかでも、マンチェスター・C(左上)のデザインはひと際目立つ。 (C) NIKE

画像を見る

 プレミアリーグ王者が公開したユニホームが、大きな話題を呼んでいる。

 現地時間3月25日、マンチェスター・シティは、今シーズンいっぱいで6年間にわたって契約を結んできたナイキ社とのパートナシップが切れるのを機に、メモリアルジャージを制作した。

 そのデザインは、実に斬新だ。これまで採用してきたホームとアウェーのユニホーム計9つを縫い合わせるようなイメージで、クラブのメインカラーである水色を基調にしている。

 試合では採用されない、このユニホームを発表したシティのツイートに、ファンも反応。様々な反響が寄せられた。

「オシャレだ」
「これはやばいぞ……」
「ありえない」
「エイプリルフールか何か?」
「俺は好きだ」
「試合では絶対使うな」
「ナイキは未来を見出している」
「芸術とは凡人には理解できないものだ」

 ファンからは賛否両論といった感じだが、この様々なデザインの服を組み合わせる「マッシュアップ」というデザインは、実はちょっとしたブームとなっているのだ。

 ナイキはすでに、バルセロナとインテル、そしてアーセナルのユニホームでも契約20周年などを祝して制作。個人でも、元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイが自身の選手キャリアで着たシャツをまとめて、大きな反響を呼んだ。

 このトレンドについて、英公共放送「BBC」は、次のように評している。

「マッシュアップのユニホームは今、間違いなく“来ている”!  音楽であらゆるコラボをするように、サッカー界も古いキットを繋ぎ合わせることで、ファンをノスタルジックな気持ちにさせている。これこそが、最新トレンドなのだ」

 海外メディアの評価も上々で、フランス誌『ONZE』が「とても特別なジャージ」と綴れば、トルコ・メディア『MediaCat』は、「さよならにふさわしいオマージュ作品」と評価した。

 なお、シティのメモリアルユニホームは、今月30日に行なわれるフルアム戦(プレミアリーグ第32節)のウォーミングアップ時に選手たちが着用する予定で、ファンには限定6000枚で売り出される予定という。実物を手にしたファンが反応をするかは注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ