千葉を揺るがした開幕4戦目での衝撃的な監督解任劇…小島秀仁の脳裏に甦る8年前の記憶とは?

カテゴリ:Jリーグ

佐藤亮太

2019年03月23日

「オレのクビがかかっている試合にお前、出られるか?」

今回の千葉・エスナイデル監督の解任により、8年前の浦和での出来事を思い返したという小島。写真:J.LEAGUE PHOTOS/田中研治

画像を見る

 3月20日、晴天のジェフ千葉の練習場・ユナイテッドパーク。この日、3シーズン目に入ったばかりのファン・エスナイデル監督が電撃解任され、そのあとを引き継いだ江尻篤彦監督の初練習となった。軽めの調整を終えたMF小島秀仁は快くファンサービスに応じ、クラブハウスに引き上げた。
 
 こうした監督解任・就任について、選手にも取材しなければならない。伝える側は毎度、ためらってしまうのだが、この質問を予想していたのか、小島はためらいもせず口火を切った。
 
「監督がシーズン途中で辞めたりすることは、これまでにあった。それにプロ1年目がそうだったから」
 
 たしかにそうだった。小島が前橋育英高から浦和レッズに加入した2011年、クラブはOBであるゼリコ・ペトロヴィッチ監督を招へい。ナビスコカップでは決勝進出したものの、リーグでの成績不振を理由にファイナル直前の同年10月20日に解任。後任には当時、浦和レッズユースで指揮を執った堀孝史監督が就任した。結果はナビスコカップ準優勝の一方、なんとかJ1残留を決めた。浦和の関係者にとっては、実に不可思議かつ思い出したくない2011年となった。
 
 そんな2011年シーズン途中のリーグ17節、ホームでのアビスパ福岡戦(6月22日)前日の練習前、小島は監督室に呼び出された。そしてゼリコ・ペトロヴィッチ監督から、こう告げられるのだ。
 
「オレのクビがかかっている試合にお前、出られるか?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ