【J1ベストイレブン】MVPは絶好調の鹿島のスコアラー!来日初ゴールのスペイン人MFも|4節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月20日

伊藤は鹿島加入後、6戦7発と高い決定力を見せる

【4節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、3月17日に各地で第4節の9試合が行なわれた。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。
 
 鹿島の貴重な得点源として、ハイパフォーマンスを続けている伊藤翔が今週も札幌を相手に結果を出した。
 
 12分に華麗なループシュートでネットを揺らすと、23分にも安西幸輝のスルーパスを流し込み、前半だけで2得点。その後も献身的なプレスバックで守備にも貢献し、攻守で輝きを放った。鹿島に加入後、6戦7発と高い決定力を見せている伊藤を今節のMVPとした。
 
 また鹿島からは、その伊藤の2点目をアシストするなど、持ち前の攻撃力を発揮した安西も選出している。
 
 鳥栖からは、イサック・クエンカと原川力を選んだ。前者は81分からの出場だったが、来日初ゴールとなるインパクト大の決勝点を挙げ、チームを今季初勝利に導いた。後者は幅広く動いて攻撃を牽引し、決勝ゴールをアシスト。勝利の立役者のひとりとなった。
 
 名古屋を下して首位に立ったFC東京からは、最終ラインの2人をチョイス。身体を張った守備で最後までアグレッシブに戦った室屋成と、名古屋の強力な攻撃陣にほとんど仕事をさせず、クリーンシートに大きく貢献したチャン・ヒョンスを選出した。
 
 ホーム初勝利を飾った広島からも2名で、中盤での再奪取で目覚しい働きを見せた川辺駿と、左サイドを支配し決勝弾も奪った柏好文をセレクトした。

 そのほか、2得点で勝利に貢献し、得点ランクでも首位に躍り出た大分の藤本憲明と、守備の強さを発揮しつつ、貴重な追加点も決めた湘南の山根視来をピックアップ。GKには終始安定したパフォーマンスで、2度のビッグセーブも披露したG大阪の東口順昭を選んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ