「日の丸の英雄となった」鳥栖・クエンカの初ゴールをスペイン紙称賛! 神戸・サンペールのデビューについては…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月18日

千金弾を挙げたクエンカ、早速デビューを飾ったサンペール

ともにまだフル出場できる状態ではないとはいえ、クエンカ(右)は結果を残し、サンペール(左)は入団11日目にしてデビューを飾った。  (C) Getty Images、写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月17日、ジュビロ磐田との一戦で今季初勝利を挙げたサガン鳥栖。決勝点を奪ったのは、新加入のスペイン人FWイサック・クエンカだった。

 世界屈指のビッグクラブ、バルセロナ育ちのクエンカは、開幕2試合を欠場。前節のFC東京戦で60分から出場し、Jデビューを飾っていた。

 そしてこの磐田戦は、0-0で迎えた81分から途中出場。後半アディショナルタイムに、左サイドからのクロスをヘッドでゴールに叩き込み、今シーズン初白星をもたらした。

 スペイン全国紙『MARCA』はこの活躍をいち早く報じ、「クエンカは日本のクラブ、サガン鳥栖で日の丸の英雄となった。金崎夢生と交代で入り、92分にゴールを決めて勝利をもたらした。試合の終盤に出場から10分足らずで初得点を挙げるなど、鮮やかな活躍だった。ルイス・カレーラス監督に白星をもたらす、センセーショナルな初ゴールだ」と称賛した。

 ほかにも『SPORT』、『Mundo Deportivo』などの主要メディアがこぞってクエンカの初ゴールを報じ、日本でのスペイン人選手の活躍を伝えた。ちなみに、同胞のチームメイト、フェルナンド・トーレスは51分に負傷でピッチを退いている。
 そして同じ日に、またひとりスペイン出身のJリーガーがデビューを飾っている。3月7日にバルセロナから加入したばかりのヴィッセル神戸のセルジ・サンペールだ。
 
 MARCA紙は、清水エスパルス戦で80分からピッチに立ったサンペールのデビューについて、こう綴った。

「昨年10月のコパ・デル・レイ(国王杯)以降、実戦から遠ざかっていたバルセロナのカンテラーノは、キャリアの再建をかけて日本でデビューを果たした。ルーカス・ポドルスキが得点を決め、1点をリードした展開でピッチに送り出された。残念ながら終了直前にゴールが決められ、試合は引き分けに終わったが、スペインから遠く離れた地で一歩を踏み出した」

 ともにバルサで研鑽を積んだクエンカとサンペール。まだ出場時間が少ないとはいえ、チームにフィットして​くれば、そのポテンシャルを存分に発揮してくれることだろう。スペインでは燻っていた感が否めないが、前者は24歳、後者は27歳とまだ伸びしろを残している。母国メディアも、新天地での“覚醒”に注目しているようだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ