【英国人記者の目】愛していたからこそ許せない―――レスター新監督がセルティックサポーターに残した”憎しみ”の背景

カテゴリ:メガクラブ

スティーブ・マッケンジー

2019年03月19日

「トレブル・トレブル」達成目前に、指揮官はスコットランドを去った

プレミアに舞い戻ったロジャース。レスターを指揮している彼は活き活きとした様子だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 2月27日にイングランドのプレミアリーグ・レスターの新監督に就任したブレンダン・ロジャースが好調だ。就任後初のワトフォード戦には敗れたものの、その後はフルアム(3-1)、バーンリー(2-1)に勝利し、2連勝を飾っている。

 だが、”残された”側の気持ちは複雑だ。

 レスター就任に伴い、ロジャース指揮官はシーズン途中でスコットランド・プレミアリーグの強豪セルティックを去った。この行ないにファンは「なぜシーズン終了まで待たなかったのか」「偉業を達成し、ヒーローになってからでも良かった」と、怒り、裏切られた気持ちでいる。

 この出来事が起こるまで、両者は相思相愛だった。

 かつてロジャースは、イングランドプレミアリーグのリバプールで12-13シーズンから指揮を執っていた。2013-14シーズンではリーグ制覇に肉薄するほどの勢いを見せたが優勝には届かず、15年秋に職を解かれた。

 その後、16年初夏にスコットランド・プレミアリーグに渡り、セルティックの監督に就任する。彼は就任時、「幼いころからセルティックのファンだった」と告白。サポーターはその告白を熱狂的に受け入れ、ロジャースと、彼の手掛けるチームを愛した。さらに、ここ数年の成功により、その愛は非常に大きなものに変わっていった。

 指揮官とクラブ、サポーターの関係は非常に良好で、セルティックにおけるブレンダン・ロジャースは、多くのトロフィーを獲得しただけでなく、非常に魅力的なフットボールで成功を収めていたのだ。
 

 今シーズン、彼らは「トレブル・トレブル」と呼ばれる偉業を達成しようとしていた。「トレブル」とは、1シーズンでクラブが3つのタイトルを獲得することを意味する。リーグの優勝、リーグのカップの優勝、そしてFAカップの制覇だ。

 「トレブル・トレブル」。3つを3回繰り返す、つまり3シーズン連続で3つのトロフィーを獲得する偉業を意味する。2年連続でトレブルを達成した今季のセルティックは既にリーグカップを制し、7冠を達成。リーグも首位を独走しており、偉業達成にファンの期待も大きかった。

 だからこそ、サポーターはこのタイミングで去るのかという、裏切られたような気持ちを抑えきれない。

 もちろん彼はいつか、プレミアリーグに戻るだろうとスコットランドのファン全員が感じていただろう。セルティックのサポーターでさえ、ロジャースはこのチームで指揮を執った数年後にプレミアに戻るだろうと予測し、それを許容する雰囲気さえあった。

 事実、彼が今夏にセルティックを去るという決断を下したとして、サポーターは心の準備ができていたと思う。ロジャースの仕事ぶりを振り返れば納得できるし、憤慨することもなかった。

 だが、去り方とタイミングが最悪だった。シーズン途中で置き去りにされたセルティックのサポーターは、指揮官の突然の出立を許容できるはずもなく、大きな愛情は憎しみに変わってしまった。

 退任直後に行なわれたハーツ戦で、サポーターは前監督に対する辛辣なバナーを掲げた。

「永劫つづくはずの愛と平凡を引き換えにした。お前はケルティック(セルティックサポーターの愛称)ではない。裏切り者だ!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ