レスター監督交代で岡崎慎司にチャンスは!? 「新監督が好むタイプ」「夏にはいなくなる」 ファンは賛否両論!!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月28日

ベンチを温める続ける現状からの脱却は!?

今冬に移籍が噂がされるも、残留を選んだ岡崎。シーズン残りで活躍できるか否かは、今夏の動向にも影響を及ぼしそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 岡崎慎司が所属するプレミアリーグのレスターは、2月24日にフランス人のクロード・ピュエル監督を解任し、その2日後に北アイルランド出身のブレンダン・ロジャースを後任に迎えたことを発表した。

 レスターの地元紙『Leicester Mercury』が報じるところによれば、スコットランドの強豪セルティックで敏腕を振るっていたロジャースの招聘を、地元サポーターは歓迎しており、「ベストな選択」「クラブにとって、とてもいい人材だ」と喜びの声を上げているようだ。

 さらに現地では、新体制での選手起用について、ファンの間で議論が紛糾している。

 ピュエル政権下で重宝されたジェイミー・ヴァーディーを含む前線の起用については、特にファンの間で意見が割れている。

「ヴァーディーをワントップで使うべき」「いや、(ケレチ・)イヘアナチョと一緒に使うべき」「もはや彼らに期待するのではなく、新たなストライカーを探すことを優先すべきだろう」といった議論が、オンライン・ファンサイトやSNS上で頻繁に交わされており、サポーターの意見も統一されていないのが現状だ。

 では、今シーズン、出番に恵まれていない岡崎に対する意見はどうか。これも真っ二つに割れている。

「オカザキはサブで輝く選手ではない。彼はスターティングメンバ―として使ってこそ力が発揮できるのに、ピュエルが使わない理由が分からなかった」

「ロジャースが手掛けたこれまでのチーム設計から考えるに、(ラシド・)ゲザルとオカザキは新監督が好む”ブレンダン・タイプ”の選手だ。停滞したチームの起爆剤になってほしいよ」

 このように、起用に期待する声がある一方、「リスペクトはしているけれど、もはやオカザキに爆発力は期待できないだろう」「彼には局面を変える力がない。夏にはいなくなるだろうしな……」と、批判的な声もみられる。

 今冬に移籍の噂が浮上するも残留した岡崎だが、6月末にはレスターとの契約満了を迎えてフリートランスファーでの移籍が可能となるため、今夏の退団は確実視されている。トルコのフェネルバフチェなどが興味を示しているようだが、ロジャース政権下で活躍することができれば、未来の選択肢も増えるはずだ。

 まずは、ロジャース新体制の初陣となる、今週末に行なわれるワトフォード戦に注目したい。岡崎の活躍は見られるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ