【鳥栖】今季初勝利をもたらす決勝弾!!元バルサのクエンカはJ初得点に「この時間は幸せなもの」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月17日

ゴールシーンについても言及!「良いボールが入って来るのは…」

Jリーグ2試合目にして初ゴールを奪ったクエンカ。待ちに待った活躍にサポーターも大いに沸いた。写真:滝川敏之

画像を見る

 サガン鳥栖のイサック・クエンカがJリーグ2試合目で大仕事をやってのけた。
 
 3月17日に行なわれた4節のジュビロ磐田戦。前節のFC東京戦同様に、クエンカはベンチから戦況を見つめていた。

 チームは前半を0-0で折り返したものの、後半開始早々にフェルナンド・トーレスが右太ももを痛めて負傷交代。さらに61分には高橋祐治が2枚目のイエローカードで退場処分となった。それでも果敢に攻め込み、ゴールを目指していく。

 なかなかゴールが奪えないなか、クエンカが投入されたのは81分。金崎夢生に変わって右サイドハーフに入り、今季初勝利に向けて精力的なプレーを見せる。
 

 そして、迎えた後半アディショナルタイムだ。ドロー決着が頭をよぎる状況で、クエンカは原川力の左クロスに反応。ニアサイドに走り込むと、頭で決勝弾を叩き込んだ。
 
 劇的な来日初ゴールはチームにとっても今季初得点。さらには今季初勝利に直結する値千金の一撃となり、仲間たちと喜びを爆発させた。
 
 試合後、クエンカはフラッシュインタビューに応え、「後半の早い時間帯にひとり少ない状況になりながらも守り切れた。そして、自分がフレッシュな状態で出て、そういう結果に繋がったと思うんですよね」と興奮気味に試合を総括。

 さらに得点シーンについては、「間違いなく、あそこで中に入っていけば、力選手から良いボールが入って来るのは分かっていたので、しっかりと中に入るだけでした」とし、狙い通りのゴールに笑みを浮かべた。
 
 磐田戦の決勝弾はチームにとっても自身にとっても大きな得点。クエンカは「間違いなく、この時間は幸せなものであり、みなさんに見せたかったもの。これからも次の試合に向けて続けていきたい」とさらなる活躍をサポーターの前で誓った。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ