「日本の奇跡!」「ベジクタシュに命を吹き込んだ」トルコで“カガワ旋風”が再来!? 劇的弾に賛辞止まず

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月11日

試合終了間際にドラマティックな一撃!

残り15分でピッチに送り出された香川。短い時間でチームを勝利に導くこれ以上ない結果を残した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間3月10日、トルコのシュペル・リギ第25節が行なわれ、3位のベジクタシュは5位のコンヤスポルとホームで対戦した。

 両軍が交互に点を奪い合う上位対決らしい拮抗した展開となるなか、殊勲者となったのは、75分にピッチに入った日本代表MFの香川真司だった。

 2-2で迎えた後半アディショナルタイム2分、敵陣でアドリアーノがボールをカットすると、そのこぼれ球を拾った香川は巧みなドリブルで一気にエリア内へ侵入。小刻みなタッチをしながら相手GKを惑わしつつ最後は左足を振り抜き、強烈な一撃をゴール右隅に突き刺したのだ。

 この決勝ゴールでベジクタシュを劇的な勝利に導いたヒーローへの賛辞は、もはや天井知らずだ。
 
 トルコ・メディア『SporX』は「日本の奇跡、シンジ・カガワ」という見出しを打ち、その得点について「ゴールを見出すのに手こずっていたベジクタシュを救ったのは日本のスターだ。最後の最後でコンヤスポルの堅いゴールを打ち破った」と絶賛した。

 さらに同じくトルコ・メディアの『skor』が「シンジ・カガワが終わりかけていたベシクタシュに命を吹き込んだ」と賛辞を送れば、同国の日刊紙『Yeni Safak』は「このチームは常にカガワが牽引している」と、その存在感の高さを褒めちぎった。

 デビューからの5試合で3得点・1アシストと、出場時間が限られるなか出色のパフォーマンスを披露している香川。その活躍によってチームは、チャンピオンズ・リーグ出場圏内の2位ガラタサライに勝点差「2」と肉薄している。

 1月の電撃加入以来、圧倒的な存在感放って、熱狂的なベジクタシュ・ファンのハートを鷲掴みにしている香川のプレーから、今後も目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ