「これが決勝点を決めた男だ!」香川真司が親友メデルと歓喜の“上半身裸”2ショット!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月11日

練習でも私生活でも仲良しの名手コンビ

やたらと親密な香川(左)とメデル(右)。ともに数多の国際舞台で修羅場を潜り抜けた強者コンビだ。(C)Getty Images

画像を見る

 まさに千両役者の面目躍如だ。

 現地時間3月10日に行なわれたトルコ・シュペルリギ第25節で、香川真司を擁するベジクタシュはコンヤスポルと対戦。前者が3位、後者が5位という位置づけで、来季の欧州カップ戦切符を争う上位対決だ。

 試合はホームのベジクタシュが終始ペースを握りながらも、2-1と1点をリードする状況で終盤戦へ。鼠径部の負傷が癒えて、2試合ぶりにメンバー入りした香川が登場したのは74分だ。しかしチームはその直後に被弾してしまい、タイスコアのままアディショナルタイムに突入した。

 そこで、香川が大仕事をやってのける。

 再三に渡って好機に絡んで攻撃陣を牽引していた日本代表MFは、左サイドの敵陣深くでアドリアーノとの連携から敵ボールをかっさらい、そのままエリア内へ単独ドリブルで仕掛ける。鋭く切れ込んで迷うことなく豪快に左足を振り抜くと、グランダーショットが相手GKの脇を抜けてゴールイン! 本拠地ボーダフォン・パークを熱狂の渦に巻く大殊勲弾を決めてみせたのだ。

 
 香川のホーム初ゴールで3-2と激戦をモノにしたベジタシュは3位をキープ。試合後、ロッカールームでの貴重なショットを自身のインスタグラム「ストーリー」に公開したのが、チリ代表MFガリー・メデルである。「決勝点を決めた男とともに!」の文字を添え、香川と上半身裸の2ショット写真を掲載。香川の入団以降、メデルは練習や私生活で懇意にしている間柄で、香川もこの写真を自身の「ストーリー」でフォローした。

 これでリーグ戦5試合に出場して3得点・1アシストと、目に見える数字をしっかり叩き出している香川。チームメイトとサポーターからの信頼をさらに高めたと言えそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ