「僕は全試合でゴールを決めたい!」劇的決勝弾の香川真司が“貪欲”に決意を明かす!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月11日

ここまで5試合出場で3得点・1アシスト

途中出場で好機に絡み続け、終了間際に決勝点をゲット。香川が大仕事をやってのけた。(C)Getty Images

画像を見る

 本拠地ボーダフォン・パークが歓喜に揺れた。

 日曜日に開催されたトルコリーグ第25節、ベジクタシュ対コンヤスポルの一戦は、2-2の拮抗した展開のままアディショナルタイムに突入。その92分だった。74分からピッチに投入されていた日本代表MF、香川真司が異彩を放つのだ。

 左サイドでSBアドリアーノと敵を囲い込んでボールを奪うや、鋭い仕掛けでエリア内へ侵攻。縦に持ち出して左足を一閃し、グラウンダーショットで相手GKの脇を抜いた。これが劇的な決勝点となり、ベジクタシュはホームで快勝。リーグ3位の座をキープした。

 激しい手振りでホームサポーターの興奮を助長した香川。試合後、クラブ公式サイトがその言葉を伝えている。

「すごくハッピーです。なにより重要なのはチームが3ポイントを獲れたことで、これからもこの調子を持続させたいですね。僕は出場する試合すべてでゴールを決めたいと思っています。インターナショナルブレイクの前にもう1試合あるので、それにもかならず勝利しなければなりません」

 次節は3月16日のギョズテペ戦。5試合で3得点・1アシストと結果を残している香川だけに、3試合ぶりの先発起用に期待がかかる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ