ファーストタッチがアシスト&ゴールのスゴ技! 同時投入の二人がマンCに一矢報いる衝撃弾

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年03月10日

投入からわずか24秒後のスペシャルなプレー。

ディーニーの落としに反応し、右足で押し込むデウロフェウ(右)。同時投入の二人がピッチに立ってわずか24秒後に大仕事をやってのけた。 (C)Getty Images

画像を見る

 3月9日に行なわれたプレミアリーグ30節のマンチェスター・シティ戦で、敵地に乗り込んだワトフォードの指揮官と選手が「スペシャルな采配」と「スペシャルなプレー」を披露した。采配を文字通り的中させたのがスペイン人のハビ・グラシア監督で、その指揮官の期待に応えたのがFWのトロイ・ディーニーとジェラール・デウロフェウだ。
 
 敵地エティハドで圧倒的にボールを支配され、0-3と大量リードを奪われて迎えた65分、正確には65分6秒。自陣深い位置でFKを得たタイミングで、3点を追うグラシア監督はディーニーとデウロフェウを同時投入する。
 
 FKのキッカーはGKのベン・フォスター。左足を思い切り振り抜き、マンC陣内に長い距離のボールを送り込む。相手DFヴァンサン・コンパニとの競り合いを制したディーニーが、ヘッドでコースを変える。すると、そのボールに反応して走り込んだデウロフェウが、右足でネットを揺らしたのだ。
 
 時計は65分30秒。ピッチに立ってからわずか24秒後に、しかもファーストタッチでディーニーはアシストを、デウロフェウはゴールを決めてみせたのである。
 
 試合はそのまま1-3で敗れたものの、プレミアリーグで首位を走るマンCに一矢報いるワトフォードのスペシャルな采配とプレーだった。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ