【川崎】先発抜擢の田中碧は後半直前、ピッチ上で中村憲剛と何を話し合っていたのか?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月10日

手応えは掴んだが、納得はしていない

急きょ、先発に抜擢された田中。本人は引き分けという結果に責任を感じていたが、自身は攻守両面で質の高いプレーを見せていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第3節]横浜2-2川崎/3月10日/日産ス
 
 後半が始まる前、ハーフタイムにアップしていた川崎の控え組がピッチを後にする。入れ替わるように、白のアウェーユニホームを着た選手たちが徐々に出てくる。その中のひとり、川崎の背番号25は、タッチライン近くで、この日はベンチスタートだったクラブのレジェンドとしばし、言葉をかわす。
 
「相手の動かし方やボールの動かし方、自分たちの守備のやり方っていうのを、どうやって決めていくかを話し合っていました」
 
 ジャージに身を包んだ中村憲剛に声をかけたのは、田中碧のほうだった。試合直前、先発予定だった大島僚太が左足に違和感を覚えて欠場となり、急きょ、出番が回ってきた20歳のMFは、「相手にけっこう自由にボールを持たれていた部分があったので、自分たちがどういうふうにするかを整理しながらプレーしていました」と前半を振り返り、中村に助言を求めたようだ。
 
「自分の意見も含めて、いろんな意見をもらったほうがチームとして良くなると思うので。そういった意味で、憲剛さんに聞いていました」
 
 記者席から見ると、身振り手振りを交えて中村に話しかける田中の姿があった。自分の考えをぶつけながら、先達の意見も取り入れて、プレーの修正を試みる。貪欲な向上心が伝わってくるワンシーンだった。
 
 1-1で迎えた後半、一時はつきはなす展開も、ラストワンプレーでセットプレーから失点を喫し、2-2のドローに持ち込まれる。
 
 フル出場した田中は試合を通じて、間違いなく攻守にハイパフォーマンスを見せていた。本人も少なからず手応えを掴んではいたようだが、しかし納得はしていない。
 
 無限のポテンシャルを秘めた男は、視線を落としたまま、静かに言葉を絞り出す。
 
「最終的に引き分けになってしまったのは、自分のせいなので。正直、今日はそこしかないというか。この結果が、自分の中では反省です。次はこうならないようにしなければいけないですし、しっかりと取り返さないといけない」
 
 この責任感の強さも、さらなる成長を促す糧になるはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【レアンドロ・ダミアンPHOTO】2得点と大暴れ!ダービーで存在感を発揮!おなじみの「ひげポーズ」も

【横浜2-2川崎 PHOTO】ドラマは最後に待っていた!横浜が土壇場での同点弾!王者川崎はまさかの3戦未勝利…

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ