白熱の神奈川ダービーはドロー決着!川崎はL・ダミアンが2発、横浜は90+5分に扇原が同点弾

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月10日

川崎はリーグ戦3試合連続の引き分けに

川崎は新エースのL・ダミアン(9番)が2ゴールを決めたが、リーグ初勝利は掴めなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ3節]横浜2-2川崎/3月10日/日産ス
 
 J1リーグ3節の横浜F・マリノス対川崎フロンターレが10日、日産スタジアムで行なわれ、2-2の引き分けに終わった。
 
 横浜は契約の関係で三好康児がメンバーを外れ、川崎はACLとの連戦を考慮して中村憲剛、小林悠がベンチスタート。それでも、ともに攻撃力を持ち味とする両チームの対戦は、立ち上がりからエキサイティングな展開が続いた。
 
 まずは4分、川崎が先手を取る。相手GKの縦パスを田中碧が高い位置でインターセプトし、その流れのまま前線にスルーパス。これを受けたレアンドロ・ダミアンが飛び出してきたGKの上を抜くループシュートを放ち、ネットを揺らした。
 
 一方の横浜も丁寧にパスをつないで隙をうかがい、24分に1点を返す。大津祐樹とのパス交換で右サイドを抜け出した仲川輝人がゴールラインぎりぎりからマイナスのクロスを折り返すと、ファーサイドで待ち構えていたマルコス・ジュニオールがフリーでボレーを沈めた。M・ジュニオールはJ初ゴール。ブラジルでも披露していた”かめはめ波”のゴールパフォーマンスで会場を沸かせた。

 後半も試合のテンションは高く、互いに攻撃的なサッカーでゴールに迫るが、なかなか追加点は生まれない。そんな膠着した展開のなか、川崎は66分に家長昭博に代えて小林悠を投入し、試合を動かしにかかる。さらに川崎は、68分に登里享平に代えて長谷川竜也、80分には守田英正に代えて中村憲剛と、次々に攻撃のカードを切った。
 
 対する横浜は75分に大津を下げ、ボランチの扇原貴宏を入れて天野純を高い位置に上げる。さらに、82分にM・ジュニオールに代えて遠藤渓太を投入。やや疲労の見える川崎を押し込み、サイドを起点に圧力をかけた。
 
 そうして迎えた88分、待望の追加点を奪ったのは川崎だった。中村のパスを受けた長谷川が左サイドからクロスを供給。小林悠が頭で折り返し、ファーサイドに詰めていたL・ダミアンが頭で押し込んだ。

 しかし、これで試合は終わらない。終了間際の90+5分、GK飯倉も前線に上がったCKで天野がクロスを上げると、扇原がヘディングシュートをねじ込み、横浜が土壇場で同点に追い付いた。ゴール直後に試合は2-2で終了。白熱の神奈川ダービーは、ドローで幕を閉じた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ