【鹿島】ACL初戦をベンチで見守った内田篤人は、厳しい連戦にいかに挑むのか

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2019年03月06日

多少の疲労感はあるが、身体の状態は悪くない

慎重にコンディション作りを進める内田。ただ、「元気なうちに働かないと」という危機感も。写真:滝川敏之

画像を見る

[ACLグループステージ1節]鹿島2-1ジョホール/3月5日/カシマ
 
 4日前のJ1リーグ2節のアウェー川崎戦で先発フル出場を果たした内田篤人は、続くACLグループステージ1節のジョホール戦ではベンチから戦況を見守った。これから連戦が続くが、今回は温存といった形だろう。
 
「こういう連戦でね、やっていかなければいけない身体に戻さないと。週1、週2ぐらいでやっていかないといけないんだけど、変な話、怪我をね……するかもしれないし、しないかもしれない。そこは分からない」
 
 昨季はいくつかの故障で戦列を離れる時期が何度かあった。コンディション作りには慎重になっているのだろう。ただ、身体の状態は悪くない。「多少、無理をさせていかないと、強くなっていかないから」という考えもある。
 
 川崎戦から中3日で、疲労感がないわけではないが、「たるん、としているよりは、少し刺激が入って、筋肉痛があるかなぐらいのほうが、状態的にはいい」と独特の表現で自己分析する。
 
 常に自分の身体と向き合いながら、次の戦いに向けて万全の準備を整える。一方で、「元気なうちに働かないと」という言葉に、はやる気持ちも見え隠れする。
 
 ジョホール戦から4日後の9日にはホームで湘南戦、12日にはアウェーの山東魯能戦が控え、17日には敵地での札幌戦に挑む。試合はもちろん、通常のトレーニングでも気を抜けない。だからといって、悠長に構えるつもりもない。ギリギリのラインを見極めながら、内田は日々を過ごしているのだろう。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】鹿島 2-1 ジョホール|ACL連覇を目指す鹿島がホームで白星発進!
【関連記事】
【岩本輝雄】守備で見せた内田篤人の“凄み”。あの瞬時の判断力はまさに欧州レベルだよ
【鹿島】気心知れたベストパートナー。内田篤人と伊藤翔の想いはシンクロする
【鹿島】「納得できなかった」ブーイングを浴びせるサポーターに内田篤人は何を求める?
【鹿島】待望の今季初出場! チームメイトが明かす“主将・内田篤人”の存在感と影響力
【鹿島|担当記者コラム】内田篤人の“苦言”が、チームをさらに強くする

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ