【鹿島】「納得できなかった」ブーイングを浴びせるサポーターに内田篤人は何を求める?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月02日

「そういう関係性を築きたい」

ブーイングを浴びせるサポーターに対し、厳しい言葉を口にした内田だが、その存在には感謝しているとも言う。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ2節]川崎1-1鹿島/3月1日/等々力
 
 アウェーでの川崎戦は1-1のドロー決着。2連覇中の強敵を相手に鹿島は勝点1を手にしたが、勝利は掴めなかった。試合後、報道陣から「ファンから厳しい言葉をかけられていたが?」と質問された内田篤人は、次のように応じた。
 
「前節(大分戦/●1-2)のブーイングだったり、厳しい声は受け入れます。ホームだったし。でも、今日の戦い方に関して、ああだこうだ言われるのは、僕、キャプテンマークを巻いていますけど、そこはちょっと納得できなかった」
 
 試合は先制される苦しい展開だったが、伊藤翔の公式戦3試合連発弾で同点に追いつく。試合を通じて、押し込まれる時間が長く、内田も「忍耐」をキーワードに挙げていたが、鹿島は割り切って守備を優先し、辛抱強く川崎の攻撃を撥ね返しながら引き分けに持ち込んだ。
 
 そうした戦いぶりと結果が、批判されたのだろう。ただ、内田は「こうやって平日に応援しに来てくれている、サッカーを見てくれるのは本当にありがたい」と話す一方で、サポーターには“共闘”を呼びかける。
 
「自分たちのサポーターにブーイングされれば、『鹿島、うまくいっていないんだな』と思われてもしょうがない。そこは隠してでも、次に向かわなければいけない。それは選手だけでなく、サポーターも。そういう関係性を築きたい」
 
 サポーターの反応には納得いっていないが、「勝たなければいけないという雰囲気を作ってくれる」ことには感謝している。だからこそ、ともに戦っていきたいと考えているはず。チームだけでなく、ファンやサポーターを含めた“ファミリー”として、キャプテン内田は一枚岩になって、戦っていくことを望んでいる。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】川崎×鹿島|“金J”を彩った美女サポーターたち!

【川崎 1-1 鹿島 PHOTO】2万4千人が観戦!王者対決は勝敗つかず、内田篤人がクォン・スンテを称える

【TRF PHOTO】ボーイミーツガール♪サバイバルダンス♪等々力を一つにしたYU-KIとDJ KOO!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ