【鹿島】ブレイク必至のボランチ名古新太郎。内田篤人がその秘めたるポテンシャルを解説

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月06日

「ガチャンと行けるし、ターンも上手い」(内田)

ジョホール戦でACLデビューを飾った名古。エンジンがかかった後半は好プレーを連発した。写真:滝川敏之

画像を見る

[ACLグループステージ1節]鹿島2-1ジョホール/3月5日/カシマ
 
 特別指定だった昨季に、すでにJ1デビュー(21節の名古屋戦)を飾っている名古新太郎が、3月5日のACLグループステージ1節のジョホール戦で今季公式戦初出場。ボランチで先発して87分までプレーし、2-1の勝利に貢献した。
 
 やや固さが見られた前半は、攻守両面で際立つパフォーマンスは少なかった。ただ、後半はギアをひとつ上げたか、要所でプレーに絡みながら、存在感を発揮。リズミカルなボールタッチからテンポ良く配給すれば、出足の鋭いプレスで敵の攻撃の芽を素早く摘み取る。ビルドアップでも頼りになり、攻撃にも積極的に顔を出した。
 
 今後に期待を抱かせるパフォーマンスだった。相手との実力差はあるにせよ、アジアレベルでも十分に通用する実力を示したと言っていいだろう。
 
 常勝軍団のボランチの熾烈なレギュラー争いに名乗りをあげた大卒ルーキーを、内田篤人は次のように見ている。
 
「あいつは、ガチャンと行けるからさ。ファウルになっちゃったりもするけど、それがあいつの持ち味。(静岡)学園出身だけあって、ターンとか上手いんだよね、実は。だから、もうちょっとやれるはず」
 
 パワフルかつテクニカル。実戦を重ねることで、その実力はさらに引き出されるはずだ。ポテンシャルを秘めた名古の飛躍を楽しみに待ちたい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】鹿島 2-1 ジョホール|ACL連覇を目指す鹿島がホームで白星発進!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ