【鹿島】「“ぶっとんで”ないとダメだと思う」内田篤人が同じ右SBの平戸太貴について言及

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月05日

「そういう選手にチャンスって転がってくるから」

不慣れな右SBでプレーした平戸。1得点のほか、安定感あるディフェンスでチームの勝利に貢献した。写真:滝川敏之

画像を見る

[ACLグループステージ1節]鹿島2-1ジョホール/3月5日/カシマ
 
 本職ではない右SBで、今季の公式戦で初先発し、90分を戦い抜いた。43分には、相手のゴール前に挙げたボールがそのままネットを揺らし、チームを勢いづかせる先制点をゲット。J2町田からレンタルバックした平戸太貴が、大仕事をやってのけた。

 本来は2列目右サイドを主戦場とする21歳の若武者の活躍を、右SBの大先輩、内田篤人はどう見たか。
 
「もっとやれるよ。太貴は自分のポジションじゃないからね、ちょっとかわいそうな部分はあるけれど。全体的に見たら、点も取ったしね」
 
 試合前にはアドバイスもしたようだ。
 
「とりあえず、ディフェンスの時は、前に立っていればいい、飛びこまなければいい、と。それぐらいかな。攻撃の面では、技術もあるし、頭も悪くはないから。変な話、一個前でやるよりも、プレッシャーが少ないぶん、(周りを)見れるから。攻撃に関しては何も言っていない」
 
 平戸のポテンシャルを認めつつ、内田はさらなる成長も期待する。
 
「彼はどこでも真面目にやれる性格だし。そういう選手にチャンスって転がってくるからね。鹿島には良い選手がいるから、その中で、一皮むけて、やっていかなければいけない。もっと殻を破ってというか、“ぶっとんで”ないとダメだとは思う。やれるやつって、そうだから」
 
 平戸は及第点のプレーは見せたかもしれない。ただ、それ以上の上のレベルを目指すのであれば、もっとインパクトのある、試合後にも強く印象に残るようなプレーを示すことで、内田が言うように殻を破れるかもしれない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ