「ビューティフルゴールだ!」 中島翔哉、弾丸シュートでカタール初得点!! アル・ドゥハイルは6発快勝飾る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月01日

ワンツーで抜け出し角度のないところからシュート!

カタール移籍後、初ゴールを決めた中島。チームの司令塔として躍動した。写真はカタール・デビューしたアル・サイリア戦より。 写真提供:コネクト株式会社

画像を見る

 現地時間2月28日、アル・ドゥハイルの中島翔哉は、カタール・リーグ第18節、アル・アハリ・ドーハ戦に先発出場した。

 これまでの4-4-2でなく、3-4-2-1の布陣を選択したホームチームで、中島は従来の左サイドハーフではなく、トップ下左に入った。

 試合は前半からアル・ドゥハイルのペースで進む。ワントップに入ったモハメド・ムンタリ、左の中島、右のジュニオールは3人のポジションを自由に入れ替え、中島は攻撃面の司令塔として躍動。12分にはエジミウソン、14分には中島がDFの裏に飛び出してシュートを放つが、GKに阻まれた。

 先制点はセットプレーから生まれた。20分、エリア右手前でFKを獲得したアル・ドゥハイルは、右WBのムラード・ナージー・フセインのクロスに、メディ・ベナティアが、右足のジャンピングボレーで合わせてゴール。中島と同時期に加入したモロッコ代表DFの移籍後初ゴールで、チームに勢いが生まれる。

 さらに攻撃の手を緩めないホームチームは38分、エジミウソンの絶妙なスルーパスにムンタリが反応。DFをかわした後、1対1となり、GKの動きを冷静に見極めながらゴールに蹴り込んだ。

 前半で2点のリードを得たアル・ドゥハイル。後半も攻勢を続けて迎えた52分、3点目が生まれた。

 サイドを駆け上がった右SBのハッサム・アルラウィからエリア右手前でパスを受けた中島。すかさずムンタリとのワンツーで、DFを背負いながらも裏に抜け出し、角度のないところから右足でシュート。抑えた弾道を描いた鋭いシュートは、綺麗にネットに突き刺さった。

 移籍後初ゴールを決めた中島は、トレードマークの笑顔で仲間と喜び合った。その姿に現地TV局のレポーターは、「この試合で、新加入ふたりのキレイなデュオによるゴールが生まれた! ナイスシュート!」と称えている。

 3-0とリードを広げたホームチームは、その後も試合を支配し、69、80、88分とゴールを重ねる。守備面ではベナティアが最終ラインを引き締め、アウェーチームの得点を許さずに6-0で試合終了。中島はフル出場で勝利に貢献した。

 アル・ドゥハイルはこれで勝点3を重ね、リーグ2位を維持。3月5日には、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ初戦で、イランのエステグラルと対戦する。

 新たなチームでも少しずつその実力を示し、加入3戦目でゴールという結果を残した中島。今年から指揮を執るルイ・ファリアの下、新チームも徐々に形になりつつあるといえそうだ。
【関連記事】
「ACL必見の新戦力」に中島翔哉と本田圭佑が選出!Jリーグ勢からは期待の大型助っ人が…
「新戦力は積極的にゴールに迫った」 中島翔哉が起点の得点はVARで無効も、現地メディアは10番に期待感!
「彼がゴールの舞台を”整えた”」 カタール・デビューの中島翔哉を現地&海外メディアはどう見た!?
路上で物乞い、13歳で父を亡くして大家族を養うと決意…フランス代表CBが衝撃告白 「僕は本当の飢えを知っている」
メッシ、スアレス、ラキティッチがドラゴンボールのキャップを愛用中!? 世界中のファンが反応

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ