メッシ、スアレス、ラキティッチがドラゴンボールのキャップを愛用中!? 世界中のファンが反応

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月28日

人気漫画『ドラゴンボール』のファン?

メッシ、ラキティッチ、スアレスという世界的スターも『ドラゴンボール』が好きなのだろうか…。世界(C)Getty Images

画像を見る

 2月27日に行なわれたスペイン国内杯コパ・デル・レイの準決勝第2レグでレアル・マドリーに3-0で勝利し、決勝進出を決めたバルセロナ。現在、公式戦2連勝と好調だ。

 そんななか、バルサの主力でありスターであるメッシ、スアレス、そしてラキティッチの3人が身に着けた、あるキャップが話題になっている。

 スペインのサッカーメディア『INVICTOS』は「バルセロナのスターが“フュージョン”! ラキティッチ、メッシとスアレスは子供心を失っていないようだ。彼らが悟空、ベジータ、人造人間17号がプリントされたキャップを被る姿が目撃されている」と報じた。

 紹介された写真は、3人それぞれのご贔屓らしきキャラクターがプリントされた、同じ型の青いキャップを被った一枚。ちなみにラキティッチが悟空で、メッシはベジータ、スアレスが人造人間17号のプリントである。

 世界中のフットボールファンからは、「メッシはサイヤ人の王子(ベジータ)が好きなのか!」「ラキティッチは王道が好きなんだな」「スアレスはやはりヒトではなかった……」など、様々な反響を呼んでいる。

 米スポーツチャンネル『FOX SPORTS』アジア版は、突如“ドラゴンボール好き”をアピールしたバルセロナ・トリオの背景を、こう解説している。

「客観的に判断すれば、メッシとスアレス、ラキティッチが『ドラゴンボール』の装いを選んだことには正当な理由があるかもしれない。バルセロナは2016年から日本企業である楽天との複数年スポンサー契約を結んでいる。日本発の作品を発信することは、彼らにとってスポンサーへのサービスの一環ではないか。

 かといって、彼らがドラゴンボールの大ファンである可能性を否定はできない。彼らがキャップを被った姿は、ただ単に大好きなキャラクターと共存することを楽しんでいるようにも見えるからだ」

 現地メディアによれば、メッシは、自身がハットトリックを決めた、ラ・リーガ第25節のセビージャ戦後、ファンサービスに応じる際も、ベジータのキャップを着用していたという。

 バルセロナは現地3月3日、リーグ戦で再びレアル・マドリーとの対戦を控えている。”ドラゴンボール”パワーはバルサの勢いを加速させるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ